色鉛筆を選ぶ5つのポイント,色鉛筆には、「幼児用」「学童用」「趣味用」「専門家用」といった色々な用途の色鉛筆が販売されています。

  1. 幼児用…にぎりやすい、芯が折れにくい、安全性、発色がいい
  2. 学童用…発色がいい、芯が折れにくい、使いやすい、コスパが良い
  3. 趣味用…色数が多く中間色がある、パッケージがオシャレ、大人の塗り絵向き
  4. 専門家用…高級顔料使用していて耐光性に優れる、混色や色を重ねると言った使用用途に長けている。

2と3は文房具屋さんで売っていますが、1とか4とかになると画材店に買いに行きますです。

この記事では、「ここをポイントにして選ぶと良いよ」というのを記載しています。
※幼児用の色鉛筆は、選ぶ基準が特殊なので、こちらの記事をオススメします。

色鉛筆を選ぶ5つのポイント

1、油性か水性か?

​​先に言いますと、水彩色鉛筆で描くのは結構難しいです。

今から色鉛筆画(もしくは塗り絵)をはじめよう!という人には、まず油性色鉛筆をおすすめします。
油性でも「メルツペン」や「ワセリンで伸ばす」などの水彩表現もあるので、試してみてください。

水彩色鉛筆は「にじみ」が作れる事と軽やかな画面を作れる点が油性にはない特徴です。
※水彩色鉛筆については、こちらの記事で比較しているので参考にしてください。

また、水性色鉛筆をドライ(水をつかわない)で使う方法もありますが、私はそれはあまりお勧めではありません。ドライで使うなら油性を選んだ方が良いです。なぜなら、油性色鉛筆の方が全然色を重ねられるからです。
詳しくは、「水彩色鉛筆と油性色鉛筆の違いが分からずに失敗した話」を読んでください。

水彩色鉛筆の中には、ドライで使うことも想定している色鉛筆(スタビロのアクアカラーやステッドラーのカラト)があります。そうした色鉛筆は、ドライの時とウェットの時でも色の変化があまりなく、兼用するには使い良く、簡単なイラストや塗り絵などで手軽に使う分には重宝します。

2、値段によって何が違うのか?

価格帯による色鉛筆のグレード
・〜100円以下(三菱880、トンボ1500、ファーバーカステルの赤缶)
・101〜200円 (ユニカラー 、ステッドラーエルゴソフト、色辞典)
・200円以上(カリスマカラー、ポリクロモスなど)←このぐらいから専門家用
・400円以上(ダーウェント・ライトファスト、カランダッシュ・ルミナンス)
※幼児用の色鉛筆は特殊なのでここに含んでいません。

  • 値段による違い1
    顔料の量と質」。値段の高い色鉛筆は、顔料の質も量も多いので、塗ればしっかり色がつきます。(発色がとても良い)
    値段の安い色鉛筆は、顔料が少なく体質顔料(タルクなど)が多いので色がうすいです。何度も重ねて塗れば、色が濃くなっていきますが、紙の表面がワックスで覆われてしまうとそれ以上色が乗らなくなってしまうので、限界があります。
    発色は、文房具店で売っているような色鉛筆なら、(一部を除けば)それほど悪いことはありません。専門家用の色鉛筆になると、発色だけでなく、色の鮮やかさや深み、キメの細かさが良くなります。
  • 値段による違い2
    「耐光性の違い」値段の高い色鉛筆は、作品をいつまでも美しいまま取っておくことができます。低い色鉛筆は、机の上に置きっぱなしで2年ぐらいすると色がうすーくなってしまいます。専門家用の色鉛筆でも低い色があったりするので、詳しくは「耐光性の低い色鉛筆はどれ?」を見てください。
  • 値段による違い3
    「ワックスやオイルの違い」色鉛筆で使われるワックスの違いで、色を重ねたり混色したりするのが得意になります。オイルベースの色鉛筆は、価格が高いですが、色を多く重ねられます。
    ※オイルベースの色鉛筆とワックスベース の色鉛筆の違いについてはこちら
    ※色鉛筆による混色の違い比較記事はこちら

だいたい、一本200円程度を基準にすると、発色も混色も描き心地も、一定基準以上は保障されていて、どれを購入しても大きくはずれることはないです。
違いを画像で見てみると

左)三菱880、右)ダーウェントアーチスト

専門家用色鉛筆の中でも、比較的「色が薄い」と言われがちなダーウェント・アーティストカラーペンシルでも、このぐらいです。違いがわかりやすいように、ケント紙(ツルッとした紙)でためしています。ケント紙でなければ三菱880はもっと混色が綺麗ですが、それでも専門家用の色鉛筆との差は歴然です。
※色鉛筆は紙によって発色が異なります。色鉛筆向きの紙を使うと、びっくりするぐらいキレイに塗れますので、試してみてください。「プロから学ぶ色鉛筆画向きの紙について」を参考にしてください。
値段、2倍以上しますからね。

三菱だって、気合入れてすごいやつ出しているんですよ。廃盤になったけど…。もったいない。

300円の実力(三菱ユニ・ペリシア)

3、芯のやわらかさ

​​最近は柔らかめの芯が人気のですが、なんでも「柔らかけりゃ良い」ってもんでもありません。
芯の硬さで「できること」と「できないこと」があるのです。
細かい線を引いたり、緻密な画面を作るのは「ある程度の硬さ」が必要です。
色を混ぜ合わてブレンディングするなら「柔らかい色鉛筆」が向いています。
大体は、ワックスベースの色鉛筆は柔らかく、オイルベースの色鉛筆は硬めです。

専門家用一般用
とても柔らかいカランダッシュ・ルミナンス
ペリシア(三菱)
カリスマカラー(サンフォード)
アーチスト(ホルベイン)
カラーソフト(ダーウェント)
ドローイングペンシル(ダーウェント)
ダーマトグラフ(三菱)
ポンキーペンシル(三菱)
柔らかいレンブラントポリカラー(リラ)
パブロ(カランダッシュ)
ダーウェント・ライトファスト

ステッドラー・カラトアクェレル
スタビロ・ジャイアント
クーピーペンシル
程よい柔らかさヴァンゴッホ(ターレンス)
ポリクロモス(FaberCastel)
ダーウェント・プロカラー
アーテレーズカラー
リラ・ファービー
スタビロ・アクアカラー
ファーバーカステル・ゴールドファーバー
普通ユニカラー(三菱)
旧アーティスト(ダーウェント)
三菱880級
トンボ1500
ステッドラー・エルゴソフト
やや硬め色辞典
硬め現行アーティスト(ダーウェント)三菱硬質色鉛筆
ファーバーカステルの赤缶
ステッドラーノリスクラブ
硬いか柔らかいかは、かなりの主観なので、個人の意見です。

4、色相の違い

​​色はメーカー…というよりも地域性(国)によって違います。
風土によって培われたカラーパレットが違うんでしょうね。
おおよそですが、

  • ヨーロッパは彩度控えめで、ドイツ・イギリスは落ち着いたトーン、オランダ・スイスは明るめトーン。
  • 米国は濃くビビットなカラー
  • 日本は全体に鮮やかな色彩が特徴。色相環はドイツに習っているみたいです。

色鉛筆のグレードが変わっても同じメーカーなら色相は一緒です。使い慣れた色相だと「ちょっと良いやつ」に買い替えても違和感なく使えるかもしれません。
また、学童用ですと、日本なら必ず入っている「ぴんく」「みずいろ」「うすだいだい」は、海外製だと大抵入っていません。
特に、「うすだいだい」は旧名「はだいろ」ですから、日本以外ではあまり入れられないという事情もあります。リラ社なんかは、色々な肌色を入れたセットを出していたりするので、海外の「はだいろ」事情がうかがえます。
他にも、メーカーによって色の揃えは違います。例えばVanGoghはピンクらしいピンクがなく、36色セットにも白が入っていないという特殊なラインナップ。カランダッシュはグリーンからブルー系が豊富です。

​詳しくは、※メーカー別色くらべを読んでくださいです。

5、鉛筆の形状

​​鉛筆の太さや持ち手の形状も異なります。
鉛筆の形状は、そもそもは六角形が基本で、柔らかい色鉛筆の芯を守るために丸形になってるんだそうですよ。

  • 六角形は、握りやすくて力を加えやすい反面、タッチが強くなりがちで筆圧調整が必要。
  • 丸形は、力が分散するので均等な塗り方ができ、繊細な強弱を付けやすい
  • 三角形は手にぴったりとフィットして持ちやすいので、力が入りやすいので疲れません。

軸の太さも、太い方が繊細な筆圧調整ができますし、細い方が扱いやすく、細かい部分を塗りやすいです。
鉛筆の太さや形は、使いやすさに関わってくるので、色々試すと良いかもです。

色鉛筆を選ぶ5つのポイント,まとめ

高い色鉛筆だから良いというわけではありません。私の母は、塗り絵が趣味なのですが、カリスマカラーやホルベインアーチストなどは「やわらかすぎ」て使いにくいらしく、かといってポリクロモスは「高級すぎてビビって使えない」と言い、色辞典とヴァンゴッホを愛用しています。

私も、色鉛筆は用途によって使い分けています。塗り絵はユニカラー やエルゴソフトを使っていますし、リアル画はカリスマカラーやポリクロモス、ホルベインアーチストを使っています。持ち歩き用にはファービー、ドローイングや他の画材と併用する時はペリシアやインクテンス などなど…。

みなさんも自分に合った色鉛筆を探してみてください。

kazikaeru

View Comments

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.