色について

補色(反対色)の効果と組み合わせ

補色(反対色)の効果と組み合わせ,補色とは?

補色(反対色)の効果と組み合わせ,光(RGB)が物質にあたると、物質によって吸収される光と反射される光があります。吸収される光は私たちには見えません。反射された光が、私たちに「色」として認識されます。

たとえば、「R」の光が吸収される物質ならば、「G」と「B」が混色されて「シアン (Cyan)=青緑」に見えるのです。補色は吸収される方の色です。すべての光が吸収されれば「黒」に、すべての光が反射されれば「白」になります。すなわち、「シアン (Cyan)」に見える物質に「補色」の物質を足すことで、「黒」になるということです。とはいえこれは、あくまでも理論的な話であって、実際にやってみると黒にはなりません。どれほど頑張っても濃いグレーです。しかし、こうして作ったグレーはBlackとは異なる魅力があり、絵画を描く際には必要不可欠な組み合わせでもあるわけです。

補色の効果

・混色

補色をまぜあわせると、グレーを作ることができます。無彩色のグレーとは異なった、透明感とニュアンスのあるグレーは、空間を表現する時や影を着色する時、また、物の彩度を下げたい時などに使うことができます。補色の混色は表現の幅を大きく広げてくれるので、ぜひマスターしておきたいところです。(色鉛筆の補色の使い方についてはこちらの記事

・配色

配色において補色は、色相差(色の差)がもっとも大きい取り合わせです。色相の差が大きいと、お互いの色をより「強く」見せる効果があります。たとえば、赤いりんごの横に緑色の葉っぱを添えると、赤いりんごの色がより鮮やかに見えるわけです。この補色の組み合わせは、お互いの色の彩度が高いと、「ギラギラ」とした印象になりますが、双方の明度に微妙な変化をつけることで、アクセントのある魅力的な配色になります。

補色と反対色との違い

反対色とは、色相や彩度や明度が反対にあるものを指します。色相が反対側である補色も反対色の一つです。明度や彩度が逆同士のものも反対色と呼びます。

補色(反対色)の効果と組み合わせ,補色の探し方

補色の効果がわかったところで、ではいざ、補色ってどの色だろう?と思いますよね。補色を知るのは3つの方法があります。それぞれ紹介しますので試してみてください。

1、心理補色

心理補色

左の黒地に赤い円を見た後に、ゆっくり瞬きして、右の真っ白なところを見てください。青緑色の円が見えると思います。残像効果です。これは、赤を見ていると、目の赤の錐体が興奮して、緑の錐体が抑制され、白に転じたときに緑の錐体が元に戻ろうとして起こる現象らしいですね。これを心理補色といいます。マンセル色相環やPCCS色相環はこの心理補色を元につくっています。

円の周りに黒がなくても、ちょっと長めに色を見ていれば、心理補色は現れます。色鉛筆で色を塗って、実際に試して見てください。割と簡単に補色を見ることができます。最も簡単な補色の調べ方ですね。

2、物理補色(黄、赤、青、緑、紫などの補色)

補色の組み合わせで混色をすると、色が濁って灰色になります。実際に色を混色してみましょう。

黄色+青紫、赤+青緑、紫色+黄緑、オレンジ+青 などが補色の組み合わせです。

上手くできましたか?絵具を使った時と色鉛筆で混色した時では、出来上がる色が少し異なります。ちゃんと補色を選べていれば、塗った瞬間に、「あ、濁った!」とか「暗くなった」というのはすぐにわかると思います。しかし、思い通りのグレーにするのは、なかなか上手くいきませんね、、、。理論的には簡単でも、色の割合が変わると急に色味が出てきたりしてしまいます。特に、顔料を使った絵具などは、同じような「緑」でも色材によって全く異なるグレイになりますので、根気よく、気に入ったグレイッシュトーンになるまで頑張りましょう。

3、色相環を使った補色の探し方

PCCS色相環

色相環を使うと、とても簡単に補色を見つけることができます。色相環は色を体系的に理解したり、色を伝達したり、配色を考えたりするときに使用するもので、色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)を虹色順に並べて環状に配置した物です。色相環の対抗する色同士は補色の関係にあります。色相環には色々な種類があります。例で提示しているのは、PCCSの色相環です。図では補色の色相がわかりやすいように、他の色相はグレーに着色していますが、実際はここに鮮やかな色が入っているわけです。

PCCSの色相環は24色相に分けられています。11〜12色相差があるものが「補色」とされています。マンセルカラーシステムなどの他の色相環であっても、およそ165度から180度の角度にあたる色は補色となります。結構広い範囲ですので、PCCSのような24色相ではなく12色の色相環でも、補色を理解するのには十分な色数と言えます。

簡単な色相環のカラーチャートを作って手元に置いておくと、混色や配色を行う時にとても便利です。(色相環カラーチャートの作り方はこちら)

補色(反対色)の効果と組み合わせ,代表的な色(黄、緑、青、紫、赤、オレンジなど)の補色一覧表

8:Y 黄色(Yellow)19:pB 紫みの青〜21:bP 青みの紫
10:YG 黄緑 (Yellow green)21:bP 青みの紫〜23:rP 赤みの紫
12:G 緑 (Green)23:rP 赤みの紫 〜 1:pR 紫みの赤
14,15: BG青緑 (Blue green)1:pR 紫みの赤 〜 4:rO 赤みのだいだい
16:gB 緑みの青 (Greenwish blue)3:yR 黄みの赤 〜 5:O だいだい
17,18:B 青 (Blue)4:rO 赤みのだいだい 〜 7:rY 赤みの黄
20:V 青紫 (Violet)7:rY 赤みの黄 〜 9:gY 緑みの黄
22:P 紫 (Purple)9:gY 緑みの黄 〜 11:yG 黄みの緑
24:RP 赤紫 (Red Purple)11:yG 黄みの緑 〜 13:bG 青みの緑
2:R 赤 (Red)13:bG 青みの緑 〜 15:BG 青緑
5:O だいだい (Orange)16:gB 緑みの青 〜 18:B 青
PCCS色相を活用した補色の組み合わせ

他の色を見る <赤系> <黄色系> <緑系> <青系> <紫系> <補色とは> <色相環とは> <色鉛筆の色名(JIS)とマンセル値対応表>

kazikaeru

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.