水彩色鉛筆

水彩色鉛筆、おすすめと買わない方がいいやつ。15種を比較

水彩色鉛筆、おすすめと買わない方がいいやつ。15種を比較,

●水彩色鉛筆を選ぶポイント

水彩色鉛筆、おすすめと買わない方がいいやつ。15種を比較>水彩(水溶性)色鉛筆は色々なメーカーから販売されていて、安価なものから専門家用のプロ使用まで幅広くあります。それぞれ特徴があるので、どんな風に水彩色鉛筆を使いたいか?という使用用途によって選ぶと良いです。

1、耐光性の有無

描いた絵を作品として長く残していきたい場合は、「耐光性の高い水彩色鉛筆」を選びます。耐光性の表示がある水彩色鉛筆は「専門家用」と呼ばれるものです。鉛筆のボディやカラーチャートで耐光性が示されています。
耐光性が無いと、早ければ2年もたたずに色が抜けてしまいます。特にピンクや紫色は色が抜けやすいです。専門家用の水彩色鉛筆は、そうしたことがないように耐光性のテストをしてあります。
三菱やステッドラーなどは、耐光性のテストをしていないようで、どんなグレードの色鉛筆も耐光性表示がありませんが、カラトアクェレルのように公式ホームページに「耐光性が高く」と記載されることもあります。

2、水彩色鉛筆をドライでも使いたい場合

水溶きしないで、ドライのままでも使いたい場合は、「色を重ねられる」「混色できる」「ドライでも発色が良い」水彩色鉛筆を選びます。水彩色鉛筆は、水で溶かすと鮮やかに色が広がります。メーカーによっては、水溶きしなくても比較的色が鮮やかで発色が良い物があるので、そうした色鉛筆を選ぶのが良いです。また、水彩色鉛筆は、油性色鉛筆に比べると、ドライな状態での塗り重ねや混色が苦手です。なるべく、色が重ねられて混色ができるものを選ぶのがコツです。

3、精密な絵を描きたい場合

できるだけ「ドライの状態で発色が良く」「細い線が引ける」色鉛筆を選びます。描き味が滑らかで、硬めの色鉛筆もしくは芯先が減りにくい色鉛筆を選ぶと、精密な作業が行いやすいです。ハイライトを入れたりするので、「白」があった方が便利です。

4、水彩風の絵を描きたい場合

「水溶けが良く」「顔料が濃い」色鉛筆を選びます。およそ柔らかめの色鉛筆は水溶けが良い物が多いです。水彩色鉛筆は顔料を芯状に固めているため、水彩絵の具よりも顔料の割合が少なくなります。顔料が少ないと、水で溶いた時に色が薄くなってしまうので、なるべく良質の顔料を多く含む「専門家用」色鉛筆を選ぶと良いです。

5、塗り絵で使いたい場合

「塗り絵の紙に塗りやすい」「細かい部分も塗ることができる」「ドライでも使える」色鉛筆で、できれば手頃な価格のものが良いですね。色が塗り絵向きのキラキラカラーならさらに言うこと無しですね。

水彩色鉛筆、おすすめと買わない方がいいやつ。15種を比較,

1、ファーバーカステル・アルブレヒトデューラー

本格派におすすめ度100%

ぶっちぎりで品質が良い、専門家用水彩色鉛筆です。本気で色鉛筆画に取り組む、水彩風の描き方をするなら、選ぶ色鉛筆は、ファーバーカステル・アルブレヒトデューラー一択です。取り扱い店舗も多いので、補充にも困りません。

価格は1本300円と高いですが、それだけの価値が十分にあります。発色も水溶けも抜群に良く、かと言って溶けすぎずに、残るところは残ってくれます。そのため、ボカシや滲みなど様々な技法を使うことができるので、表現の幅がとても広いのが特徴です。

深みのある落ち着いた色です。水で溶かさないと色が鈍いので、基本は水溶きして使用します。定着が良いので、ドライの状態での重ね塗りも可能です。芯は柔らかいですが、水彩色鉛筆特有の少しひっかかるような描き味があります。全120色と豊富な色数は、ポイントが高いですね。

鉛筆の木軸が太いので、鉛筆削りは国産のものだとサイズが合いません。海外製のステッドラーやリラを使用します。(「鉛筆削りの選び方」


2、ステッドラー カラトアクェレル

バランスの良い万能タイプ

ほどよい水溶けの良さがある、万能型の水彩色鉛筆です。発色の良い芯ですので、塗り絵から精密画、水彩表現にも使用できます。水彩色鉛筆の中ではやや硬めですが、気になるほどではありません。

水とけも程よく、やや描き跡が残るぐらい。ちょうどいいです。

全体に素直で明るめの色です。ウェットで使用する方が色はキレイですが、ドライでも許容範囲です。芯の硬さ・水溶け・配色・価格などがとてもバランスが良いのが特徴です。耐光性の表示がありませんが、公式サイトには耐光性の良さが謳われていますので、初心者さんからプロの方まで、幅広く使うことができる製品です。色がクリアで明るく鮮やかなので、明るめの画面やイラストレーションにも向きます。

品質の割にはリーズナブルな所も評価が高く、とても人気のある水彩(水溶性)色鉛筆です。「水彩色鉛筆を使ってみたいけど、まだどんな描き方ができるかわからない」と思っている人には、まずはこれが良いかもですね。取り扱っている店舗も多いです。

ステッドラーは3種類の水彩色鉛筆をラインナップしています。カラトは最上位モデルです。他の2種類に比べると、発色が強く、耐光性があるのが特徴です。


3、ダーウェント インクテンス

サンプル

ダーウェントは2種類の水彩色鉛筆をラインナップしています。インクテンス は、乾いた後は耐水性になるという変わり種です。布にペイントすることもできるので、オリジナルのトートバックやTシャツも作れて、使用用途が広く、楽しめます。

芯は太くて柔らかい芯で、どっしりとしたとてもヘビーな描き味です。精密に描くことには向いていません。重ね塗りはあまりできませんし、水で溶かさないととても鈍い色なので、基本的に水で溶かして使用する色鉛筆です。水で溶かすと、インクのように鮮やかな色が広がり、とてもキレイです。一度溶かしてしまえばしっかりと定着します。

とても濃い色で、耐光性も高い色鉛筆です。水とけはあまり良くありません。線が残ります。​すこし鈍い色の色調がダーウェントの魅力です。色々とクセが強いですが、その分魅力もたっぷりの沼系水彩色鉛筆です。


4、ユニ・ウォーターカラー

ジャパンクオリティのおすすめ色鉛筆

一本150円とリーズナブルかつ高品質な水彩色鉛筆です。まず、水溶けと発色の良さに驚きます。水彩表現の可能性としては、ファーバーカステル・アルブレヒトデューラーと同じぐらいなレベルです。その上、低価格なので「水彩風に描ける色鉛筆を試してみたい」という人にはぴったりです。柔らかく滑らかな芯で、水彩色鉛筆特有の引っかかる感じが少ないところも好印象です。芯先もしっかりしているので、細かい作業もできます。重ね塗りもできます。

とても良く色が広がるので、すこし大きめの画面や、素早く色を置きたい野外でのスケッチなどで頼りになる色鉛筆です。水で溶かさないと色は鈍いですが、水で溶かすとパッと鮮やかな色が広がります。ドライでの使用感も良いですが、水溶けと発色の良い色鉛筆なので、やっぱり、水彩風に描くのがおすすめの色鉛筆です。

色が鮮やかすぎる点と、水に溶かした時に、均一に広がりすぎてしまう点が気になりますが、価格の割にはとても上質ですので、試してみて、その色や溶け具合が気に入れば、良い買い物になることでしょう。


5、スタビロ アクアカラー

絶妙な色彩と繊細な描き味で塗り絵向きの一本。

ユニ・ウォーターカラー と並んで低価格な製品です。ドライで使用することが多い人は、ユニ・ウォーターカラーよりもこちらがオススメです。滑らかで軟質な芯で水溶けが良く、混色もできる良品です。ドライのままでも比較的明るい色で、やや彩度を押さえた少し落ち着きのある色がおすすめのポイントです。

ここまで紹介してきた中では、やや発色に物足りなさを感じますが、お値段のことを考えれば、上々の出来だと思います。特に、水溶きすると、水溶けの良さも相まって「あ、色がなくなった?」と思うぐらい淡色になってしまいますが(笑)

耐光性表示が無いため、プロ使用としては課題がありますが、柔らかい芯ながらも芯先がしっかりしているので、細部を塗り分けることもできます。ドライでの使用感や比較的ツルッとした紙とも相性が良いので、塗り絵では大活躍です。特に、アースカラーが豊富でキレイな色が揃っていますので、植物や自然のモチーフと相性が良いです。


6、ステッドラーノリスクラブ水彩

安くてそこそこ使える色鉛筆ならこれ。

ステッドラーの水彩色鉛筆シリーズの一番低価格な製品です。この色鉛筆のおすすめポイントは、とにかく安くて、発色&水溶けもそこそこ良い点です。安い水彩色鉛筆は他にもありますが、その中では一番品質が良いです。柔らかい芯ですが、折れにくい芯加工がされているので、多少雑な扱いをしても大丈夫な所もいいですね。

色は明るいブリリアントカラー。特にローズピンクのような色が可愛らしいです。重ね塗りもできて、ドライとウェットであまり色も変化しません。精密な色鉛筆画を描くには役不足ですが、ちょっとしたイラストや塗り絵には十分に使える代物です。塗り絵紙への定着も良いです。

塗り絵を買って、ついで買いするなら、この色鉛筆がオススメです。

ステッドラーのノリスクラブは他に、「消しゴムで消える」タイプと「油性色鉛筆」があります。この二つは、発色が悪くてお勧めできない製品です。ノリスクラブで選ぶなら、たとえドライでしか使わないにしても、この、水彩色鉛筆を選ぶのが正解です。

7、カランダッシュ スプラカラーソフト

調和のとれた美しい色彩が自慢

スプラカラーソフトは、カランダッシュの水彩色鉛筆の中では上から2番目のグレード。価格的には、ファーバーカステル・アルブレヒトデューラーと同等程度なので、高級な専門家用色鉛筆です。

カランダッシュはとにかく色がキレイなので、それだけで揃えたくなってしまいます。少しくすんだ、明るい色はキレイですね。芯はとても柔らかく、ドライでもしっかりと画面に定着します。混色もよくできます。水溶けしなくても明るい色なので、ドライで使用することもできます。

しかし、とにかく水とけが悪く、描き跡はなかなか消えません。この線を生かした描き方が求められるのかもしれませんが、線もそれほど濃く描けるわけではないので、用途が難しいです。描いた時につく色はあまり濃くはありませんが、芯色は決して薄くはないので、丁寧に使えば繊細で良い表現ができます。

全体的に、けっして使いやすい水彩色鉛筆ではありませんが、唯一無二の美しい色彩が、他にないアドバンテージです。


8、LYRA レンブラント アクアレル

濃い発色の高品質水彩色鉛筆

取り扱い店が少ないので、入手困難な製品です。色鉛筆のグレードとしては、ファーバーカステル・アルブレヒトデューラーと同じぐらいの高品質です。顔料の量ならトップクラスだと思います。とにかく色がとても濃く、発色が良いのが特徴です。華やかな色(鮮やかではない)が魅力的です。芯は柔らかめですが、水彩色鉛筆特有のひっかかる感じがあり、滑らかではありません。芯先もそれほど強くはないので、精密画を描くタイプでもありません。

ドライでの発色はとても良く、そのままでも十分にキレイな色です。混色も不足のない程度には可能です。水溶けは悪いので、水彩風に表現するなら、芯を削って、溶かして使用するのが良いです。芯色が濃いので、そうした使用方法はとても上手くいきます。

とても高いポテンシャルをもっている色鉛筆ですが、水溶けの悪さやドライでの使用感が悪い点などで、扱いづらいというのが本音です。でも、とてもポテンシャルが高いのはわかるから、どうにかしたいんだけど…という、なんでしょうねこれ。エンジンでかくて、パワーあるけど、バランス悪いから乗りづらい車みたいな(笑)そんな色鉛筆です。褒めているんです。そうゆう車って魅力的ですから。


9、ダーウェント ウォーターカラー

控えめな色彩と淡色の美しさで魅せる

ダーウェントから販売されている水彩色鉛筆です。こちらは普通の?水彩色鉛筆。普通ではないですね。ダーウェントですもの(笑)こちらは、水で溶いて使うことに特化した色鉛筆です。重ね塗りは全く出来ませんので、ドライでの使用は無理です。芯は柔らかく、水溶けもとても良いです。芯先は弱く、細かい作業は難しいので精密描写には向きません。

とても彩度の低い落ち着いた色で、風景などに使用するのに適します。鉛筆の発色は良く、色もよくつきます。水で溶かすと淡色で、何度も色を重ねて色を作っていくタイプの色鉛筆です。面倒そうですが、水溶けが良く、重ねるほどに美しい色になっていくので、意外にも扱いやすい色鉛筆です。普通にドライで塗っただけで塗りカスが出ますので、わざわざ芯を削って使用する必要がなく、楽に水彩表現の技法を試せるところも魅力です。耐光性の低い色がちょいちょいあるので、カラーチャートをチェックしておきましょう。

ダーウェント・ウォーターカラーペンシル 24色セット

価格:7,392円
(2021/2/15 02:53時点)
感想(0件)


10、スタビロ Original

硬質で精密な線画向き

硬質の水彩色鉛筆です。発色は悪くはありませんが、水溶けは悪く、線が少しぼやける程度なので、水彩色鉛筆として購入したらがっかりすると思います。水彩表現は全く出来ません。
しかし、細い線が滑らかに引くことができ、とても精密な描写を行うことができます。柔らかい色鉛筆が多い中で、そうした色鉛筆は稀有な存在です。そうした意味で、精密な線画を色鉛筆で描こうと言うニッチなニーズに答えてくれる数少ない色鉛筆といえます。それだけに、使う人を選ぶ色鉛筆と言えます。色鉛筆自体は、きちんと耐光性の表示がついた、プロ仕様で、なめらかでクセになる描き心地はとても評価が高いです。


11、ステッドラー エルゴソフト 水彩

使いやすさに重点を置いた設計

ステッドラーの水彩色鉛筆のミドルグレードです。とてもユーザーファーストを感じる製品で、色鉛筆の木軸やケースにこだわりが見られます。長時間使っても疲れない、持ちやすい三角グリップ、滑りにくい素材感。机の上に立てて使えるケースもとても使いやすいです。

やわらかめの滑らかな芯です。芯先はしっかりしているので、細部の塗り分けもできますが、芯先に鋭さがあまりないので、精密画を描くにはちょっと…です。このエルゴソフト は、油性も出ていますが、実は、重ね塗りはこちらの水彩の方が得意です。ドライとウェットで色の差もあまりないので、兼用して使用することができます。

耐光性はわかりませんので、専門家用にはなりません。また、専門家用の色鉛筆と比べると、やはり発色が物足りないので、本格的な水彩色鉛筆としては不足を感じます。普段使いの塗り絵向けの色鉛筆ですね。


12、ファーバーカステル・ゴールドファーバー アクア

ファーバーカステルのミドルグレードの水彩色鉛筆です。これまでのこのグレードの色鉛筆の中では一番良い出来の製品だと思います。芯は柔らかく、発色も良いです。重ね塗りはあまりできません。ドライでも水で溶かしても使える色鉛筆です。芯先もわりと鋭く、なめらかな描き味なので、精密な描写も行える万能タイプの色鉛筆です。全体的に品質もバランスも良いのですが、中途半端に値段が高いのがネックです。これなら、もうちょっとお金出して、ワンランク上の方がいいかな?なんて思っちゃいがちです。

良い製品なので、このまま定着してくれればよいのだけれど、水彩色鉛筆飽和状態の今では、また廃盤になりそうな予感も…。ファーバーカステルの色感が好きで、アルブレヒト・デューラーほどの品質は必要ないって人にはばっちりな製品です。


13、SAKURA・Water Colored Pencil

サクラから販売されている水彩色鉛筆です。決して悪い製品ではありませんが、水彩色鉛筆は比較的どこのメーカーも品質が高いので、どうしても見劣りしちゃいますね。発色がいまいちです。ケースが野外スケッチ用になっていて、持ち歩きしやすいのはポイントが高いです。汚れにくい素材も良いと思いますが、そのケースがダサい…。なにより、中の色鉛筆はあまりスケッチ向きではないんですよね。どちらかというと、室内でゆっくりと繊細に使うタイプの色鉛筆なんです。色自体は、素直で使いやすいし、ちょっとくすんだ感じもとても良いです。三菱に比べると、こちらの方が私は好きです。芯先もしっかり鋭いので、細かい作業に向いた色鉛筆だと思います。


14、ヴァンゴッホ ウォーターカラー

これも一応、専門家用の色鉛筆に入りますが、発色があまり良くないので、専門家用色鉛筆としては物足りないです。VAN GOGHは油性色鉛筆の出来がとても良いので、それに比べると…となってしまいます。

水溶きしなくても、色の変化があまりなく、混色もできる色鉛筆なので、ドライと兼用したくて、かつ、耐光性表示のある色鉛筆をお求めの方にはおすすめです。

芯の硬さは普通で、水溶けはそれほど良くはありません。芯先は丸まりやすく、あまりシャープな線はひけません。精密画を描くのは難しいですが、塗り絵なら活躍してくれます。

15、ファーバーカステル (シャチハタ)の赤缶

シャチハタの赤缶

安物買いのなんたらと…

ファーバーカステルの赤缶は低価格の色鉛筆として馴染みがあると思います。とにかく安いのですけど、お値段なりな品質です。硬くて水溶けが悪くて、発色も悪い。塗り絵が出来ないレベルではありませんが、あえてこれを購入する必要も感じません。安いからと言って購入しても、たいして使わないうちに他の色鉛筆を購入することになります。

●(旧)ファーバーカステル ゴールドファーバー
すでに絶版となっているため購入する方はそうそういないと思いますが、たまにヤフオクで見かけたりするので掲載しておきます。発色が非常に悪く、水とけも全くダメ。ストレスだけが溜まる色鉛筆でした。アートグリップは良いみたいですが、これも絶版になりました​。現在のゴールドファーバーはずいぶん改善されて、芯は柔らかめで、発色も水溶けもよくなりました。


水彩色鉛筆、おすすめと買わない方がいいやつ。15種を比較,まとめ

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
水彩表現向き
発色・水溶け良い
LYRA レンブラント
アクアレル
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:308円
色が濃い、高品質
精密描写に向く
ウェット&ドライ兼用
カランダッシュ
スプラカラーソフト
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
ウェット&ドライ兼用
色が薄く繊細
ターレンス
ヴァンゴッホ
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:○
価格:200円
淡色
ウェット&ドライ兼用
ダーウェント
インクテンス
水溶け:△
芯:やや硬
耐光性:○
価格:280円
柔らかい芯で
濃く色がつく。
ダーウェント
ウォーターカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:○
価格:250円
淡色
ドライでの重色不可
三菱鉛筆
UNIウォーターカラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
鮮やかな濃い色
水彩表現向き
SAKURA
Water Colored Pencil
水溶け:○
芯:硬い
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ステッドラー
カラトアクェレル
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:△
価格:200円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵や精密画向き
ステッドラー
エルゴソフト 水彩
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
スタビロ
アクアカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
ステッドラー
ノリスクラブ
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×

ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ファーバーカステル
ウォーターカラー
水溶け:△
芯:硬い
耐光性:×
淡色で発色が悪い
塗り絵向き
水彩色鉛筆の一覧です。詳しくは、各製品名のリンクページをご覧ください。
水彩色鉛筆で描く
水彩色鉛筆と油性色鉛筆の違い
kazikaeru

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.