初心者向け色鉛筆画講座①道具をそろえる

初心者向け色鉛筆画講座①道具をそろえる,私が色鉛筆画を描く時に使っている道具を紹介します。紹介する全てが必要なわけではありません。特に重要なのは、色鉛筆と紙です。色鉛筆は色数の多さより品質が良いものを買った方が良いです。100色5000円<20色5000円 です。
1〜5までは持っていた方が良いものです。6〜10は必要に応じて揃えたら良いと思います。

初心者向け色鉛筆画講座①道具をそろえる,
1、はじめに購入する色鉛筆

作品として飾っておくことを考えるなら、耐光性のある色鉛筆を選びます。せっかく描く絵が、色褪せてしまっては悲しいですからね。耐光性は色によって異なりますが、褪せやすい「ピンク色」なんかは、飾っておくと、2年を待たずして色が抜けてしまいます。耐光性がある色鉛筆は「専門家用」と言われています。お値段で言うと、通常の三菱880やトンボは1本70円弱です。専門家用の色鉛筆は1本200円ぐらいします。価格は倍以上ですが、専門家用色鉛筆は良い顔料を使っているので発色も良く、色も美しいです。アマゾンメルカリヤフオクで安く入手できる時もあるので、探してみてください。

「おすすめの専門家用色鉛筆」はこちら

色鉛筆は、使いやすいものを選びます。長い時間お付き合いすることになる道具なので、使いやすさはとても大事です。芯の柔らかさや、発色、色の鮮やかさ、握り心地や耐光性などを考えて選びます。

はじめに何本か試してみて、気に入った色鉛筆を購入するのがベストです。画材屋さん行って、店員さんに「試し塗り用の色鉛筆ありますか?」と聞くと、お試し用の色鉛筆を出してくれます。各メーカーの色鉛筆を何本かずつ購入してみるのも良いです。

色鉛筆は、色によって芯の硬さが違うこともありますので、比較する時は必ず何色かを使ってみてください。芯先が尖っているか、鈍いかによっても感触に違いが出ます色を重ねてみたり、強く塗ってみたり、弱く塗ってみたり試してみると良いです。

・迷う時は、これを買っておけば間違いなし!初心者さんもプロも使う色鉛筆

近くに画材屋さんがなくて、お試しができない人は、「カリスマカラー」「ホルベイン・アーチスト」「ファーバーカステル・ポリクロモス」のいずれかを購入すると良いです。この3種類は、いずれも高発色で扱いやすく、人気の色鉛筆です。多くのお店で取り扱われているので、買い足しに困ることがありません。予算に余裕のある人は、カランダッシュ・ルミナンスもおすすめです。

おすすめ1、濃くてビビットなカラーなら、カリスマカラー おすすめ2、鮮やかな色彩の、ホルベイン おすすめ3、落ち着いた色で精密描写もできるファーバーカステル・ポリクロモス

予算に不安がある人は、ターレンス・VAN GOGH(油性色鉛筆)を選ぶと良いです。耐光性が高い色鉛筆です。上記の3種に比べると色の透明度が高く、発色も少し落ちますが、十分に描きこみができる品質です。コストパフォーマンスの良い色鉛筆です。この色鉛筆は、36色セットでも白が入っていませんので、白の色鉛筆だけは購入が必要になります。ホルベインかカリスマカラー、カランダッシュ・ルミナンスなどの隠蔽度の高い白を購入しておくと良いと思います。

おすすめ4、コスパの良いVAN GOGH

・はじめは、24〜36色セットを選ぶ

はじめから色数の大きなセットは必要ありません。150色セットや100色セットを購入しても、多くの色は使われないままケースの中で眠ってしまうことになります。24色〜36色セットなら、全ての色を使います。まずはこのセットを購入して、描いているうちに「足りないな」と感じる色を単色で購入していきます。はじめから「必要な色」がわかる人はいません。1、2枚描くと「もう少し深い、青みがかった緑が欲しい」とか自然に思うようになるので、そうしたらその色を買い足せば良いです。

・必要な色を単色で買い足す

はじめに買った色鉛筆にこだわる必要はありません。欲しい色がそのメーカーにあるとは限らないからです。色鉛筆は異なるメーカーのものでも併用できます。多くの人は色々なメーカーのものを併用しています。別メーカーのもので色を買い足す際は、色名は目安として考えます。メーカーによって色名が同じでも色が違っていたり、違う色名でも同じ色があったりします。上記の3つの色鉛筆については、同じ色がわかるように、「カラーマッチングリスト」を作ってありますので、活用してください。

ホルベイン・アーチストとVanGoghの色鉛筆

2、紙

色鉛筆は、木材やレザー、布など色々な物に描くことができますが、やっぱりはじめは「紙」に描くのが王道です。紙は色鉛筆以上に作品の出来を左右します。材質によって保存性が良いとか色々ありますが、今は特殊な紙以外はみんな中性紙で、酸化しにくい紙ですので、それほど気を使う必要はありません。

紙の種類は、描きたい画風と、色鉛筆との相性によって決めますが、いずれを選ぶにしても、厚手(135〜300g/m2ぐらい)で、紙色はなるべく「真っ白」なものが良いです。

リアルに精密に描きたいならば、紙目の細かいものを選びます。上質紙やケント紙、とても目の細かい水彩紙です。色鉛筆っぽい優しい雰囲気にするなら、凸凹がある紙を選びます。

私のおすすめは、紙目の細かい水彩紙(ウォーターフォード細目、Beアートペーパー、ストーンヘンジアクア(ホットプレス)、コットマンスムースなど)ですが、まずは手軽に入手できる、上質紙やケント紙ではじめてみるのも良いと思います。

コットン100%の細目紙、Beアートペーパー メリハリのある絵なら、ツルッとしたケント紙 手頃な価格、厚手の上質紙

「色鉛筆画におすすめの紙」はこちら

3、鉛筆、消しゴム・マスキングテープ

鉛筆は下書きに使います。ふつうの鉛筆で良いです。H〜HBぐらいの少し薄めの鉛筆を使います。濃い鉛筆だと、消しゴムで綺麗に消えないことがあるからです。

消しゴムは、色鉛筆用の消しゴムが販売されていますが、普通の白いプラスチック消しゴムでも十分です。消しゴムは常に綺麗な状態にしておきます。汚れていると、紙面を擦った時に紙に汚れがついてしまいます。こうして擦った時についた汚れは、とても取れにくいです。

マスキングテープもあると便利です。濃くなりすぎた部分に貼って、剥がすと、色を薄くすることができます。消しゴムと違って、周りに色が伸びたりしないので、繊細に色の濃さを調整できます。

詳しい記事は「色鉛筆を消す&明るくする方法」「消しゴムで消えやすい色鉛筆」の記事に掲載しています。

消しゴムとマスキングテープ

4、鉛筆削りとカッターナイフ

カッターナイフ手でぐりぐり削るタイプの鉛筆削り一番無駄なく色鉛筆を使うことができます。たくさん描くようになると、めんどくさくなって「電動が欲しいな」とか思うようになるので、そうしたら電動のものを購入すれば良いです。※カリスマカラーのような軟質の色鉛筆は、電動鉛筆削りには向いていません。

鉛筆削りは、穴の大きさが色鉛筆の木軸にあったものを使います。穴が大きすぎると、削っている時にグラグラして芯が折れやすいからです。ステッドラーやファーバーカステルなどの海外製のシャープナーは穴が大きめです。日本製のもの(三菱、トンボ、クツワなど)はちょうど良い穴の大きさで、海外製よりも刃の切れ味が良いです。おすすめは、uniポケットシャープナーです。100円ぐらいで入手できます。そのへんの文房具屋さんで売っています。油性色鉛筆なら、こども用の太軸色鉛筆以外はこれで削れます。

穴の大きめな海外製のシャープナーは、色鉛筆の芯だけを削ったりする時に役立ちます。

三菱 色鉛筆専用ポケットシャープナー (100)【RCP】

価格:88円
(2021/2/5 16:58時点)
感想(4件)

鉛筆削りについての詳しい記事はこちらです。

カッターナイフと鉛筆削り

初心者向け色鉛筆画講座①道具をそろえる

5、製図ブラシや羽ぼうき

消しゴムのカスや、色鉛筆の塗りカスなどを払うために使います。色鉛筆はデリケートな画材なので、手で払うと手の油が紙について紙がよごれてしまったり、色が滲んだりしてしまうので、ブラシの使用がおすすめです。ブラシは、ステッドラーやファーバーカステル、ドラパス、ウチダなどの色々なメーカーから出ています。製図やデザイン道具を扱うコーナーに置いてあります。羽ぼうきや静電気がおきにくい馬毛や山羊毛を使ったものを選びます。ナイロン製のものもあります。

安く100均で済ますなら、メイク用のブラシがおすすめです。

製図ブラシ・デザインブラシ
Faber Castellの製図ブラシ

6、カラーレスブレンダーやメルツペン 、溶剤など

あれば表現の幅が広がります。色鉛筆の色をのばすものです。メルツペン(HOLBEIN) や溶剤を使えば、水彩のように色をのばすことができます。ベビーオイルやワセリンなどでも代用できます。カラーレスブレンダーは白く残った紙目を潰したり、色を混色したりするのに役立ちます。色鉛筆の白でも代用できます。

カラーレスブレンダーは、カランダッシュ、サンフォード(カリスマカラー)、ダーウェント、リラなどから販売されています。すっごく便利です。色鉛筆とブレンダーのメーカーは一緒でなくても全然問題ありません。それぞれ微妙に違いがありますが、とりあえずは、一番手に入りやすい、サンフォードのものを使ってみると良いと思います。

カラーレスブレンダー
カラーレスブレンダー、バニッシャー、リップクリーム

7、ポスカ(極細)の白

ハイライトに使います。あれば便利です。白のペンは色々とありますが、ポスカが隠蔽力があって良いです。他に、ハイライトに使える白い色鉛筆もあります。ホルベインのソフト・ホワイト(HOLBEIN Soft White OP501)です。こちらは、ポスカほどの強いハイライトにはなりませんが、少し広めの面を白くしたり、たとえば雪のようなものを上から描いたりするのに良い色鉛筆です。(ハイライトで使える・細い線が描ける白の色鉛筆

三菱鉛筆 MITSUBISHI PENCIL ポスカ極細PC1M白POSCA 極細 白

価格:148円
(2021/2/5 21:56時点)
感想(0件)

ポスカ細字とHOLBEIN Soft White

8、鉄筆や出なくなったボールペンなど

細くて白い線を引くのに使います。先が尖っているものならなんでもかまいません。これで紙を引っ掻いてから色をぬると、引っ掻いた部分は色が付かないので、細かい部分を描く時に使います。

画材屋さんなら、版画コーナーに「鉄筆」や「ドライポイント(ニードル)」などがあります。手芸屋さんのレザークラフトコーナーあたりにも「鉄筆」はあります。先の太さは色々あって選ぶことができます。最近は、スクラッチアートという削って下地を出して描くアートがあって、それにつかう「スクラッチペン」なんかも良いです。

セイスクラッチ 専用スクラッチペン 単品 (05/金細)【レターパック対応商品】

価格:1,078円
(2021/2/5 21:46時点)
感想(11件)

DB両面鉄筆│レザークラフト用品 皮革用工具

価格:584円
(2021/2/5 21:54時点)
感想(0件)

白のボールペンとシルバーポイント

9、フィキサチーフ

フィキサチーフは、木炭や鉛筆、パステルなど定着の良くない画材を使った時に、吹きかけて画材を定着させ、作品を守るものです。色鉛筆には、作業中はパステルフィキサチーフを、仕上げにはクレヨンフィキサチーフを使用します。色鉛筆は、鉛筆にくらべると定着が良いので、定着のために吹きかける必要はあまり無さそうですが、使用することで、以下のような効果があります。

1、紙目がつるっとなって色が乗らなくなった時に使うと、また色が重ねられるようになる。

2、色鉛筆画の仕上げに吹きかけると、ワックスブルーム が起きにくくなる。VAN GOGH、カリスマカラー、ホルベイン・アーチストなどのワックスベース 色鉛筆で厚塗りした時に使用します。ワックスブルーム とは、ワックスが表面に出てきて、白っぽくなってしまう現象のことです。

※フィキサチーフは、吸い込むと体に有害な物質が含まれています。風通しの良い屋外などで使用してください。吹きかける際は30〜40cmぐらい離して吹きかけます。十分に乾燥させてから、次の作業に移ってください。

UVコートのフィキサチーフもあります。効果の程はわかりませんが、耐光性に不安がある場合は使用してみても良いかもしれません。

ホルベイン パステルフィキサチーフ 300ml(フキサチーフ、フィキサチフ、定着剤、定着液)

価格:1,265円
(2021/2/5 21:43時点)
感想(2件)

クレヨン保護スプレー ホルベイン クレヨンコート 220ml

価格:1,267円
(2021/2/5 21:43時点)
感想(2件)

初心者向け色鉛筆画講座①道具をそろえる

私が色鉛筆画で使用している道具はだいたいこんなもんです。綿棒やティッシュなんかも使用することはありますが、最近はあんまり使いません。溶剤やブレンダーも最近はあんまり使わないなぁ・・・。描いているうちに、使う道具も洗練されてきたような気がします。

次回は、「②カラーチャートの作り方」 です。

色鉛筆画講座タイトル内容
①道具をそろえる色鉛筆画を描くための道具と選び方を説明。
おすすめの道具なども紹介しています。
②カラーチャートの作り方色鉛筆を購入したら、一番はじめにやること。カラーチャート作り。
必ず役に立つ3つのカラーチャートの作り方を解説します。
色鉛筆別マンセル値一覧もあります。
③補色と黒やグレーの使い方ワークシートに色を塗りながら色への理解を深めます。
カラーチャートを使って、補色の混色を行います。
補色の説明なども掲載。
黒やグレーを使った、彩度や明度の調整の仕方も解説します。
kazikaeru

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.