水彩色鉛筆

ダーウェント・ウォーターカラー/製品レビュー・口コミ

ダーウェント・ウォーターカラー/製品レビュー・口コミ

ダーウェント・ウォーターカラー/製品レビュー・口コミ,イギリス・ダーウェントの水彩色鉛筆です。ダーウェントは多くの個性的な色鉛筆をラインナップしていますが、こちらの水彩色鉛筆もなかなかのもんです。ダーウェントの水彩色鉛筆は、他にインクテンス という耐水性のある変わり種がありますが、こちらのウォーターカラーは、通常の水彩色鉛筆と同じで、乾いた後の耐水性はありません。芯は柔らかめで、水溶けはそこそこ。重ね塗りは、ほぼ出来ませんので、完全ドライの使い方は向きません。塗り絵などにも向きません。精密に描きこむよりも、「少し線を残した水彩風」に描く色鉛筆です。相変わらず、色はとても美しいので、そうした特性を生かした描き方が向いています。

水彩の柔軟性を持つソフトで淡い色彩の色鉛筆 – 鉛筆のコントロールのしやすさと。水彩画材の繊細な美しさが1つに融合した製品です。使いやすく、水と混ぜることで面白い色の流れを作り出すことができます。非常に使い勝手も簡単で、混色でも色づくりを楽しむことができます。

ダーウェント公式ホームページ

淡い色彩の色鉛筆って…。ニッチなところを狙ってきていますね。さすがです。

ダーウェント・ウォーターカラー/製品レビュー・口コミ

1、個性的な色調

水に溶かすと淡色になりますが、直描きする分には、それほど淡い色ではありません。やや太めのしっかりした線です。色は、全体に少し濁りのある色調です。特にオレンジやグリーンは、他のメーカーだと生っぽい色だったりすることもあるのですが、落ち着いた良い色です。より自然的な色で、好みもあると思いますが、多くの人が好感を持つのではないかとおもいます。

水溶けは、比較的良い方ですが、程よく力のある線が残るので、手作り感というか、ほっこりと温かみのある感じがします。

2、幅広い混色表現が可能

水溶きの色が淡いので、微妙な色の表現が可能です。4種類の方法で試しました。

  • <色鉛筆で重ねてからの水溶き>ドライで色を重ねると、すぐに塗りカスが出てしまいます。水で塗りカスも一緒に溶けかすと、しっかり紙に定着し、とてもキレイな滲みが出ました。試してみた3種類の混色の中では、彩度が保たれる、メリハリのある表現になりました。
  • <グレージング(乾いてから色を重ねる)>丁寧に乾かしながら何度も重ねて塗ります。徐々に色が濃くなり、とても複雑な色ができます。水溶きした色が淡いので、微妙な色表現が可能です。良い感じ。
  • <滲み(紙を濡らしてから色々な色を入れて混ぜる)>多めの水を紙に引いてから、筆を使って芯から色を直取りして色を放り込んでいきます。水を揺らしながら、顔料を移動させて混色をし、紙が乾くのを待ちます。水の中で顔料が広がりすぎることがなく、程よい混じり方です。淡い色のグラデーションがキレイです。空の色なんかに使うと良さそうです。
  • <粉状にした芯を混ぜ合わせる>この色鉛筆はとても塗りカスが出るので、粉状の色を混ぜ合わせて混色するのがとても簡単です。

3、ドライでの使用には向かない。

パステルのようなパサっとした柔らかい色鉛筆です。とにかく、驚くほどに塗りカスが出ます。ドライの状態での定着が弱いのですかね?わかりませんが、すぐに粉だらけになってしまい、厚く色を塗ることが難しいです。

全くと言って良いほど重ね塗りはできません。ドライで使用するには不便なところですが、出た粉を混色したり、そのまま水溶きして濃い色で着色したりできますので、水彩的使用にはメリットが多いです。芯先も柔らかく、ポイントも保持できないので、あまり細かい作業にも向いていません。水彩風に描くのに特化している色鉛筆だと思います。

※柔らかくて紙目の細かい水彩紙を選ぶと、塗りカスの量が少し減ります。

すぐに粉が出て、重ね塗りができない。

4、鉛筆の作りが粗い

ダーウェントの色鉛筆の特徴の一つ(笑)です。最近のプロカラーやライトファストなんかはキレイな作りの色鉛筆ですが、アーチストやカラーソフト 、インクテンス なんかは色々荒っぽいですからね。ウォーターカラーも、例に漏れずです。

塗装は一層のみで、艶なし。厚塗りしていないので、塗装のひび割れなどはありません。軸木はボサッとしています。芯が折れているとか、軸からずれるような致命的な酷さはないので、使用には全く問題はありません。

良く言えば「素朴」な感じなので、それもまた、この色鉛筆の色調や描き心地と合っていて良いのかも。

5、耐光性が低い色がある LIGHT-FAST

ダーウェント・アーチストと同様に、耐光性が低い色が多く見られます。ダーウェントは耐光性の表示をカラーチャートで公開しています。ダーウェントは12色セットでも、耐光性の低い色をセットに入れますので、チェックしてみると良いと思います。LTFの8段階表記なので、とても信頼のできる表示です。

<8段階の1〜3FAIR (褪色しやすい)色番号>200 Lemon Cadmium、400 Primrose Yellow、600 Deep Cadmium、1300 Pale Vermilion、1700 Pink Madder Lake、1800 Rose Pink、2100 Rose Madder Lake、2200 Magenta、2400 Red Violet Lake、2600 Light Violet、2700 Blue Violet Lake、3000 Smalt Blue、3100 Cobalt Blue、3400 Sky Blue、4200 Juniper Green、4300 Bottle Green

Low light fast colour

ダーウェント・ウォーターカラー/製品レビュー・口コミ

製品スペック表

ダーウェント ウォーターカラー  水溶性色鉛筆
ダーウェント(英国)ダーウェントの公式サイト ブログ
価格帯一本250円。
※市場価格でのディスカウントはあまりない。
全72色
濁りのある魅力的な色調。
耐光性が低い色があります。カラーチャートをチェック
形状六角形
描き心地芯:3.7mm
柔らかくぱさっとしている。塗りカスが半端ない。
水溶け程よく良い
その他鉛筆の線を残しながらの水彩表現がおすすめ。
淡い色で、微妙な色彩を楽しむことができる色鉛筆。
鉛筆の塗装は相変わらずの悪さです
ダーウェント ウォーターカラーのスペック表
サンプル

ダーウェントは、非常に多くの製品をラインナップしています。
3つのブランド(ダーウェント、アカデミー、レイク)はそれぞれ一般、学生、子ども用と対象が別れていて、さらに、各ブランドにおいても非常に多くの個性的な製品を取り揃えています。
これは、全てのユーザーが、ニーズにあった鉛筆を選べるようにするためだそうです。ダーウェントの色鉛筆だけでこんなに…!

  • アーチストペンシル(油性)(120色の豊な色数。やや硬めの芯で、くすんだ柔らかい色調。240円))
  • カラーソフト(油性)(柔らかい芯で、大胆な色彩をすばやく塗る。250円))
  • スタジオ(油性)(細かい精密描写、特にイラストに最適)
  • ドローイング(油性)(野生動物の絵、自然観察、ポートレイトに適した、軟らかくなめらかな鉛筆。非常に彩度の低いカラー鉛筆。280円)
  • プロカラー(油性)新商品(アーチストの芯の強さとカラーソフトの滑らかさを合わせ持つ。300円)
  • ウォーターカラー(水性)(鉛筆のコントロールのしやすさと、水彩画材の美しさが1つに融合。250円)
  • インクテンス(水性)(水に溶かすとカラーインクのような透明で鮮やかな色合い。280円)
  • ライトファスト(油性)(耐光性に優れた最高級の色鉛筆。柔らかく滑らかだけどしっかりとした芯。480円)

他の水彩色鉛筆との比較

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
水彩表現向き
発色・水溶け良い
LYRA レンブラント
アクアレル
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:308円
色が濃い、高品質
精密描写に向く
ウェット&ドライ兼用
カランダッシュ
スプラカラーソフト
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
ウェット&ドライ兼用
色が薄く繊細
ターレンス
ヴァンゴッホ
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:○
価格:200円
淡色
ウェット&ドライ兼用
ダーウェント
インクテンス
水溶け:△
芯:やや硬
耐光性:○
価格:280円
柔らかい芯で
濃く色がつく。
ダーウェント
ウォーターカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:○
価格:250円
淡色
ドライでの重色不可
三菱鉛筆
UNIウォーターカラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
鮮やかな濃い色
水彩表現向き
SAKURA
Water Colored Pencil
水溶け:○
芯:硬い
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ステッドラー
カラトアクェレル
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:△
価格:200円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵や精密画向き
ステッドラー
エルゴソフト 水彩
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
スタビロ
アクアカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
ステッドラー
ノリスクラブ
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×

ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ファーバーカステル
ウォーターカラー
水溶け:△
芯:硬い
耐光性:×
淡色で発色が悪い
塗り絵向き
水彩色鉛筆の一覧です。詳しくは、各製品名のリンクページをご覧ください。
kazikaeru

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.