プリズマカラー ・アートスティックス

プリズマカラー ・アートスティックス,製品レビュー

プリズマカラー ・アートスティックス,カリスマカラー(プリズマカラー)の芯だけをキューブ形、コンテ状にした製品。
国内の正規販売はないので、購入はアマゾンや楽天での輸入品になります。最大で36色。細長いキューブ形、コンテ状なので、平塗りで広い面を塗ることができ、制作時間が大幅に縮小できる優れものです。ワックスベース

コンテと違って、色鉛筆なので、手も汚れません。これがパステルと違って便利なところ。日本でも販売してくれたらいいのになぁ。

特徴1 発色の良いビビットな色

プリズマカラー の特徴でもある、ビビットな色で、ばちっとした発色です。

全36色で多くはありませんが、大抵は混色でいけますし、鉛筆タイプのプリズマカラー を併用すれば問題ないので、不足に感じることはないです。

12色入り、24色入り、36色入りとあります。自宅で描く用に購入するなら36色入りをオススメします。ベージュやピンクはやっぱり便利ですからね。12色入りは、原色+茶色、黒、白なので色数は足りないですが、小さくて手軽に持ち運べるので、スケッチなんかに持っていくのに便利です。私は12色入りを使用しています。

特徴2 広い面が塗れて、混色しやすく、重ねやすいコンテ状
鉛筆タイプのカリスマカラーも下の色と混じりやすい色鉛筆なので、簡単に混色できる色鉛筆なんですが、これがコンテ状になることで、広い画面を素早く重ねていくことができます。細長いキューブ形は手に馴染んで使いやすいです。滑らかな面の紙を使うと、その効果は絶大で、あっという間に背景がつくれるのでとても楽です。

また、鈍い面が常にあるので、バニシングもしやすいです。
詳しくは↓公式ホームページにヒントが載っています。

PrismacolorPremier®ソフトコア色鉛筆で色をブレンドするときは、バニシングと呼ばれる手法を採用すると便利です。バニシングでは、強い圧力を使用して色鉛筆のさまざまな色合いを重ねます。バニシングするときは、最適な結果を得るために、暗い色の上に明るい色を重ねてみてください。 暗い色の上にハイライトする前に、明るい色の鉛筆の先端を必ずきれいにしてください。これにより、色鉛筆が別の領域に色を移すのを防ぎます。 PrismacolorPremier®BlenderPencilを使用してレイヤードカラーに戻り、エッジとトランジションを滑らかにすることが役立つ場合があることに注意してください。コレクションに同様の効果を実現するためのブレンダーペンシルがない場合は、白い色鉛筆を試してください。

https://www.prismacolor.com/get-inspired/color-blending-tips


特徴3 高い隠蔽度

高い隠蔽度を誇ります。透明感は出しにくいけれど、イラストに向いている。ポスターカラー的な存在です。


特徴4 カリスマカラーと併用することで、広い色域をカバーできます。

カリスマカラーの補助的色材としても有用。広い面を一気に塗って、仕事を効率化できます。カリスマカラーは手に入りやすい色鉛筆で150色(日本だと110色ぐらい)と豊富な色数なので、思い通りの画面をつくることができます。


特徴5 市場での取り扱いが無く、個人輸入なので、単色の取り扱いが無い。

 日本国内では販売されていないので、これが決定的に困るところです。アートスティックスは、削って使うわけではないので、鉛筆タイプよりも無駄なく使うことができます。なので、消耗は少なく、減りにくい製品です。が、それでも白なんかはどんどん減っていきますから、単品補充できないのは困りますね。白だけセットとか出してくれたらいいのになぁ。

<参考作品>

●まとめデータ

Prismacolorプレミア®アートスティックス®の特徴は、色範囲の広い表面積を必要とするプロジェクトのための優れたソリューションを提供するソフトコアを暴露しました。これらの用途の広い木を使わない色鉛筆は、正確なディテール作業のために細かく研ぐこともできます。それらは、あらゆるプロジェクトに影響を与えた大胆で豊かな色のレイダウンを提供する豊富な顔料を特徴としています

  • 48の鮮やかな色で利用可能
  • 広い領域をブレンドしてカバーするのに理想的です
  • 細かい作業のために研ぐことができます
  • 高品質の顔料は、豊かな彩度を提供します
品名サンフォード・プリズマカラー アートスティックス
油性色鉛筆
メーカーサンフォード(米国) (プリズマカラー公式サイト
プリズマカラーはサンフォードの子会社。
価格帯不明。
全36色
日本では単品購入できません。
Amazonで入手可能。
はっきりとした強い色。
形状コンテタイプ
描き心地べったりしっかりした描き心地。とても柔らかい
混色とても良。
その他↓↓↓公式ホームページの充実度がすごいので必見。
リアルな目の描き方
動物の毛の描き方
自画像を描く

この色鉛筆とよく購入検討される色鉛筆
カリスマカラーホルベインアーチストカラーペンシルカランダッシュ・パブロダーウェント・カラーソフトダーウェント・アーチストリラ・レンブラントポリカラーヴァンゴッホファーバーカステル・ポリクロモスプリズマカラー ・アートスティックス

kazikaeru

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.