ヴァンゴッホ・ウォーターカラーペンシル

ヴァンゴッホ・ウォーターカラーペンシル,コストパフォーマンスの良い水彩色鉛筆です。ヴァンゴッホは、油性色鉛筆の質が非常に良いので、こちらの水彩色鉛筆も期待してしまいますが、そこはいまいちかも。私的意見ですが、油性色鉛筆の時にあった、滑らかな描き心地の良さが、水彩になるとすこし落ちますし、発色もいまひとつです。しかし、他の一般的な水彩色鉛筆の中では、決して劣るわけではありませんので、コスパは良いです。

ヴァンゴッホ・ウォーターカラーペンシル,製品レビュー

●色について

色は素直でキレイです。ターレンス・ヴァンゴッホの特徴ですが、ピンクはありません。赤紫になります。でも、水彩なのでそんなのは関係ないですよね。
色は60色と他のメーカーに比べると少ない色数です。
水彩色鉛筆は、カッターなどで芯を削って混色したりするのですが、色数少ないとそうした混色が面倒なので、そこはデメリットかもしれません。

水溶きする前後であまり色に変化がないので、ドライでの使用も視野にいれて使えます。

他の水彩色鉛筆に比べると、繊細な印象のヴァンゴッホ。

●水溶け・使い勝手

他の色鉛筆に比べると、持ち手が細めで細かい作業ができますね。

水とけは悪くありません。
が、結構しっかりと塗ってから水で溶かしても、かなり色が薄いです。
筆で伸ばすと溶けてしまうので、ウェットティッシュでぽんぽんとするぐらいの方がいい感じです。
なのでどうしても繊細で優しい画面になりますね。

ヴァンゴッホ・ウォーターカラーペンシル,製品スペック

ヴァンゴッホ・ウォーターカラー水溶性色鉛筆
ターナー (公式サイト
サクラカラー(公式サイト
価格帯一本200円。
全60色
明るい色。だけど落ち着きと奥行きのある色。
耐光性に優れ、発色の良い高品質顔料使用。
形状円筒形
描き心地芯:3.5mm 普通
水彩色鉛筆にしてはしっかりとした描き心地。
水溶け水溶けは普通だが、色付きが薄い。
その他繊細で柔らかい雰囲気に向く。
リーズナブルな価格
油性の方が良すぎて、いまいち高評価できない。

<他の水彩色鉛筆との比較表>

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
水彩表現向き
発色・水溶け良い
LYRA レンブラント
アクアレル
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:308円
色が濃い、高品質
精密描写に向く
ウェット&ドライ兼用
カランダッシュ
スプラカラーソフト
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
ウェット&ドライ兼用
色が薄く繊細
ターレンス
ヴァンゴッホ
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:○
価格:200円
淡色
ウェット&ドライ兼用
ダーウェント
インクテンス
水溶け:△
芯:やや硬
耐光性:○
価格:280円
柔らかい芯で
濃く色がつく。
ダーウェント
ウォーターカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:○
価格:250円
淡色
ドライでの重色不可
三菱鉛筆
UNIウォーターカラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
鮮やかな濃い色
水彩表現向き
SAKURA
Water Colored Pencil
水溶け:○
芯:硬い
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ステッドラー
カラトアクェレル
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:△
価格:200円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵や精密画向き
ステッドラー
エルゴソフト 水彩
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
スタビロ
アクアカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
ステッドラー
ノリスクラブ
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×

ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ファーバーカステル
ウォーターカラー
水溶け:△
芯:硬い
耐光性:×
淡色で発色が悪い
塗り絵向き
水彩色鉛筆の一覧です。詳しくは、各製品名のリンクページをご覧ください。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。