<色鉛筆レビュー>三菱880

<色鉛筆レビュー>三菱880

<まとめDATE>

品名NO.880 油性色鉛筆
メーカー三菱鉛筆 (公式サイト
価格帯一本60円。
全36色  発色は良いが色が単調。
形状丸形
描き心地芯:3.0mm 中硬質
柔らかくもなく、硬くもなく普通。
混色普通 
その他学童用 シンプルな色表現に向く。
三菱の鉛筆比較一覧はこちらのpdf

<色鉛筆レビュー>三菱880

学童用としてトンボと人気を二分する色鉛筆。
初心者グレードなので、手に取りやすい価格で「発色・混色・塗りごこち」共に学童用としては良い製品。
同価格帯のトンボとの違いは色と描き心地です。
あとは、パッケージが三菱の方が子ども受けします。

三菱NO880トンボ1500
鮮やか落ち着いたマットな質感
混色反対色だと少し濁る
あまり重ねると色が乗らなくなる。
キレイに混色できる。
かなり重ねても色がつく。
塗りこごち滑らかな描き心地カサカサとした感じ
三菱VSトンボ 学童用色鉛筆の比較

欠点といえば、この価格の製品なので仕方ないのですが、色の単調さです。
子供向けなので…と言われればそれまでですが、カランダッシュやLYRA(リラ)なんかは子供向けでももっと深い色をしています。
特に、緑と赤、ピンクの子どもっぽい色はいただけません。

色が単純で、子どもっぽい。



特徴1 安定の品質

三菱の主力商品として長年にわたって愛され続けている880級。一本60円というリーズナブルな価格で、そこそこの発色、そこそこのやわらかさ、そこそこの混色を実現した素晴らしい製品です。芯も折れにくくないし、鉛筆の塗装もキレイ。軸に使われている木材もスベスベで滑らか。同価格のトンボの主力1500もそうですが、そうした日本メーカーの質の良さはさすがです。

特徴2 鮮やかな色
単色で平塗りしたもの。艶のある十分な鮮やかさ。

三菱の特徴ですが、トンボの1500と比べると色が全体に鮮やかです。
トンボの方がマットで落ち着いた色合いです。こうした色の違いが「トンボ」か「三菱」かを選ぶポイントになるのかもしれません。

特徴3 混色は2〜3色までがキレイ。

原色カラーは芯がやわらかく発色が良いので、きれいに混色することができます。一方で、パステルカラーは硬くて発色が鈍いので、混色が難しいです。また、2〜3色の色にパステルカラーを合わせて混色すると、濁って汚くなります。
重ね塗りの限界は、トンボよりも早くきますが、ビギナー用としては十分なレベルだと思います。これで物足りなくなったら、ステップアップした色鉛筆の購入を検討するのが良いと思います。

特徴4 大人の塗り絵に向いている

三菱880 大人っぽく描くこともできます。

3mmの中硬芯は細かい部分も塗ることができるので、大人の塗り絵でも活躍します。混色も発色も必要にして十分な性能です。
三菱鉛筆では、この880とユニカラー の中から「大人の塗り絵」向きのカラーを選んだ、コロリアージュ用の色鉛筆888を販売しています。


<参考作品>


<その他の三菱製品>

kazikaeru

View Comments

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.