使い方&技法1

色鉛筆の混色のコツ〜重ねる&混ぜる〜

色鉛筆の混色のコツ〜重ねる&混ぜる〜,色鉛筆の混色には2つの方法があります。一つは、重ねる(レイヤード)する混色。もう一つは、色を混ぜる(ブレンド)方法です。

色鉛筆の混色のコツ〜重ねる&混ぜる〜

1、色を重ねる(レイヤー

色を重ねる

一番シンプルな混色の方法です。

色鉛筆の色を生かした混色です。色鉛筆らしい透明感とキラキラのある混色になります。紙目の凸凹による陰影も残って、色の奥行き感も出ます。

紙目がつぶれないので、多くの色を重ねることができます。

芯が柔らかかったり、紙への定着が低いような色鉛筆は、レイヤー間の色が混ざりやすいので、自然と次の「混ぜる」ような混色になっていきます。オイルベースの色鉛筆のようにちょっと硬めの色鉛筆を使うと、キレイに重ねていけます。

●キレイに重ねるコツ

まるまった鉛筆(ひだり)と尖った鉛筆(右)の差。紙の目の白いところを塗りつぶす感じで色をかさねる。
  1. 下に塗った色が出来上がりの色に大きく影響します。黄色→青なら黄緑色に。青→黄色なら青みがかった緑色になります。
  2. ワックスベース のような隠蔽度の高い色鉛筆(カリスマカラーなど)は、暗い色の上から明るい色を塗ることで、オーバーレイ(ワントーン明るく)することができます。逆に、透明度の高い色鉛筆(カランダッシュ・パブロなど)は、重ねるたびに色が濃くなっていきます。
  3. キレイに色を重ねるには、先の尖った鉛筆で、紙目の白い部分をやさしく塗りつぶしながら色を重ねます。上手くいかないときは、上質紙やケント紙のような、つるっとした紙を使用すると良いです。
  4. 一層づつ、ムラなく塗りかさねると、キレイな混色になります。
  5. 重ね塗りできる回数は、色鉛筆によって異なります。あまり重ね塗りできない色鉛筆も、パステルフィキサチーフを吹くことで、塗り重ねできることもあります。

2、色を混ぜる(ブレンド)①バニシング

色を混ぜる

バニシングは、紙の歯が潰れるくらいにグイグイっと色をぬって、紙目を潰して滑らかな面を作ることです。
バニシングを使って混色することができます。

いくつかの色を重ねた層の上から、先を鈍らせた、明るい色の色鉛筆でゴシゴシと色をぬったくります。前に塗った色を重ねたり、また明るい色を乗せたりしながら、気に入った色になるまで混ぜ合わせます。

筆圧で色をまぜるので、力を入れて行いますが、ダーウェントのカラーソフトカリスマカラーのように、柔らかい色鉛筆は、簡単に色がまざります。カランダッシュ・パブロヴァンゴッホなどは、ごしごししても混ざりにくい色鉛筆もあります。

そうした色鉛筆は、ブレンダー(無色の色鉛筆)や白の色鉛筆を使用して、混色します。白の色鉛筆を使うときは、透明度の高い白を使うと、色が変わりにくいので良いです。(ユニカラー やファーバーカステル・ポリクロモスなど)

バニシングのもっと詳しい方法はこちらの記事をご覧ください。

3、色を混ぜる(ブレンド)②溶剤を使う

色鉛筆は溶剤で溶かすことができるので、力を使わずにブレンドできます。
ホルベインの「メルツペン (=うらうつりしないテレピン)」もこれにあたります。
色鉛筆の溶剤は、テレピン、ワセリン、ベビーオイル、消毒液、ウェオッカやジンでもOKだそうです。これらを、綿棒やさっぴつ、筆などを使って塗ることで、色が溶けて混じり合います。

溶剤による違いもありますが、私のおすすめは、ワセリンとベビーオイルです。100円均一で入手できます。

溶剤を使うと、紙目を痛めずに広い面をブレンドすることができます。

バニシングやブレンダーを使った方が、混色はキレイにまざります。また、溶剤をつかうと色が薄くなりがちなので、様子をみながら調整してください。

色鉛筆の混色のコツ〜重ねる&混ぜる〜,まとめ

それぞれの混色方法によって、表現に違いがありますので、必要に応じて使い分けます。使っている色鉛筆の種類によっても、混色の見え方が変わってくるので、「色鉛筆による混色の違いはこちらの記事」も参考にしてください。

お名前.com

kazikaeru

View Comments

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.