三菱鉛筆/ユニ・ウォーターカラー

三菱鉛筆/ユニ・ウォーターカラー>製品レビュー・口コミ

三菱鉛筆のユニ・ウォーターカラーは、比較的安価で手に入る水彩色鉛筆です。私は昔、この色鉛筆を「水彩」とは知らずに、普通の油性色鉛筆だと思って単色を購入したことがあります。1本だけだったのですが、正直言ってあまり違和感なく使いました。そのぐらいの扱いやすい描き味です。それでいて水彩色鉛筆としての性能も良いので結構おすすめの水彩色鉛筆です。

●特徴1、驚くほどの水溶けの良さ&滑らかな描き心地

ユニ・ウォーターカラーは、高級水彩色鉛筆のファーバーカステル・アルブレヒトデューラーと比べても遜色ない水溶けの良さです。この水溶けはなかなかのレベルで、私の試した限りではNO1です。水を加えると、パッと鮮やかに色が広がります。広がりすぎるので、水は少なめがおすすめ。
描き心地も、高級なファーバーカステルに比べれば劣りますが、この価格では十分なレベルでストレスを感じない滑らかで柔らかな描き心地です。
形状は、同じ三菱の油性色鉛筆「ユニカラー 」とは違う、六角形の形状をしています。ユニカラー のように繊細なグラデーションを鉛筆を重ねることで表現するのではなく、「水で溶かしてグラデーション作りましょうね」ということでしょう。
六角形は握りやすくて力を入れやすいので、扱いやすく、線も引きやすいです。
水で溶かしても、しっかりと色の濃さも出るので、ストレスなく制作に打ち込めると思います。水彩絵具のような表現に重点を置いた製品です。

●特徴2、良コストパフォーマンス

一本150円というお値段なのに、水彩色鉛筆の性能としては申し分のないクオリティ。さすがの三菱鉛筆で、鉛筆そのもののデザインも作りも良いです。
あのダサいケースデザインさえなんとかすればもっと売れるのに。あのケースはだいぶいただけません。最も、三菱鉛筆の中では、水彩色鉛筆のユニ・ウォーターカラーは正直言って売れ筋商品ではないでしょうから、リニューアルはしないんだろうなぁ。もう何年もこのデザインですもんね。

●特徴3、もうひとつ、表現力が欲しい

ユニ・ウォーターカラーはとても良い水彩色鉛筆なんですが、残念なのは、色が溶けすぎることです。鉛筆の跡形もなく均一に一気に溶けてしまうので、ちょっと表現が平坦な感じになってしまいます。もう少し色の溶け方に強弱の変化があれば良いのに。
あとは色数が36色なのでもう少し欲しいですね。
水彩色鉛筆はどうしても混色が面倒なので、色数が少ないのはデメリットです。


●他の人の口コミ・レビュー・評価

アマゾンとか楽天とかの製品レビューを見ていると、おおよそ高評価で、あまり不満な声は聞かれないです。
初めて水彩色鉛筆を使う人が購入することが多い製品のようですね。
特に、発色の良さ、水溶けの良さ、描きやすさの評価が高かったです。

芯の硬さについては「思ったより硬い」とか「油性色鉛筆と比べると色が出ない」という意見もありました。
多分、880の三菱鉛筆との比較でしょうかね?
確かに、ユニ・ウォーターカラー の方が「硬い」と感じるかもしれません。実際には硬度を測れないので分かりませんが、油性色鉛筆(特に三菱の油性色鉛筆)は、とても滑らかな描き心地なので、それと比べると紙に引っかかるような、カリッとした感触があります。でも、他の水彩色鉛筆に比べると滑らかな方だと思います。
デメリットは、単色販売が少ないことのようですね。
色セットを購入するときには、必要な色が入っているかチェックした方が良さそうですね。いろんなハーフセットが出ているようなので、組み合わせても良いかもしれません。

  • 発色良く、水への溶け具合も良い
  • 筆が一本付属していますが小さいものは描きづらい。
  • 鉛筆の個体差もなく品質が良い
  • 描いた感触に違和感がないので、初めての水彩色鉛筆でも抵抗なく使える
  • 大人の塗り絵用に購入。
  • 色が重ねられるので楽しい。
  • 24色にははっきりした緑やグレーが入っていない。やっぱり36色セットにすればよかった。
  • 携帯用ウォーターカラーのハーフサイズのセットが3種類売っている。
  • 近所にウォーターカラーの単色が売っていない。
  • 水彩風のイラストに色鉛筆の質感を足したい人におすすめ。リアルには向いていない。
  • 肌色って36色買ってもないんですね。
  • 暗い色が豊かで影が付けやすい。ピンクの発色がいい。

●三菱鉛筆/ユニ・ウォーターカラー,のスペック・性能表

ユニウォーターカラー  油性色鉛筆
三菱鉛筆株式会社 (公式サイト
価格帯一本150円。
全36色
カラーチャートpdf
形状六角形
描き心地芯:?.?mm
滑らかで描きやすい柔らかさ
水溶けとても良い。
その他驚くほどの水とけの良さで、水彩表現が得意。
色も濃く、値段の割に高品質。
ユニ・ウォーターカラーのまとめ表

●他の水彩色鉛筆との比較

他の水彩色鉛筆と比べると、ユニウォーターカラーは、「これから水彩色鉛筆を使ってみようという人向け」にちょうど良い価格帯になります。水とけも発色も良いので、おすすめ商品だと思います。

かなり水彩表現よりの製品なので、もっと色鉛筆っぽさを表現に入れたいのなら、同価格帯のスタビロやステッドラーがおすすめです。

また、ユニウォーターカラーを使っていて、もう一歩ステップアップを考えるなら、同じように水溶けの良い、ファーバーカステル・アルブレヒドデューラーが違和感なく使える水彩色鉛筆です。

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
水彩表現向き
発色・水溶け良い
LYRA レンブラント
アクアレル
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:308円
色が濃い、高品質
精密描写に向く
ウェット&ドライ兼用
カランダッシュ
スプラカラーソフト
水溶け:△
芯:柔
耐光性:○
価格:320円
ウェット&ドライ兼用
色が薄く繊細
ターレンス
ヴァンゴッホ
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:○
価格:200円
淡色
ウェット&ドライ兼用
ダーウェント
インクテンス
水溶け:△
芯:やや硬
耐光性:○
価格:280円
柔らかい芯で
濃く色がつく。
ダーウェント
ウォーターカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:○
価格:250円
淡色
ドライでの重色不可
三菱鉛筆
UNIウォーターカラー
水溶け:◎
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
鮮やかな濃い色
水彩表現向き
SAKURA
Water Colored Pencil
水溶け:○
芯:硬い
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ステッドラー
カラトアクェレル
水溶け:○
芯:やや硬
耐光性:△
価格:200円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵や精密画向き
ステッドラー
エルゴソフト 水彩
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
スタビロ
アクアカラー
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×
価格:150円
ウェット&ドライ兼用
塗り絵も水彩表現もOK
ステッドラー
ノリスクラブ
水溶け:○
芯:柔
耐光性:×

ウェット&ドライ兼用
塗り絵向き
ファーバーカステル
ウォーターカラー
水溶け:△
芯:硬い
耐光性:×
淡色で発色が悪い
塗り絵向き
水彩色鉛筆の一覧です。詳しくは、各製品名のリンクページをご覧ください。

[wp_show_posts id=”940″]

kazikaeru

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.