ステッドラー・カラトアクェレル

ステッドラー・カラトアクェレル,ステッドラーの水彩色鉛筆です。この色鉛筆の一番の特徴は、ドライとウェットで色の変化があまりないので、どちらでも使いやすいという所です。

店頭での取り扱いが多くて、入手しやすい上に、お値段も手頃。ドライ・ウェット両用なので、「両方使ってみたいなー」という方が気軽に使える色鉛筆という意味でおすすめです。

何度か店頭で試し書きをしていて、思ったよりもやわらかくて(ステッドラーは硬いと思っていたので…)描きやすいことに驚きました。その時はすでに、かなりいろいろな種類の色鉛筆を持っていたので、「もう増やすのはやめよう…」と思っていたのですが、結局、12色入りを購入しちゃったという一品。

ステッドラー・カラトアクェレル,製品レビュー

●リーズナブルな価格と不足のない品質

缶も色鉛筆のデザインも嫌いじゃないです。ただ、一点、色鉛筆に色名の記載がないのはちょっと不便。必要ない人は多いのかもしれませんが、私は色名を見ることが多いので、欲しいなぁ~と思います。
特筆すべきは、そのお値段。
一本200円という比較的リーズナブルなお値段でありながら、しっかりとした質の良さがあります。
単品でも購入できるし。

●ドライでも発色がいい

ステッドラー・カラトアクェレル
水とけ前の状態でも発色良い

普通、ウォーターカラーはドライだとくすんでいることが多いのですが、このカラトアクェレルは、ドライで使っても発色良く、きれいな色です。
水性色鉛筆は、大抵、油性のものより柔らかいのですが、この色鉛筆も結構柔らかいです。この柔らかさと、水で溶かさなくても色のイメージが変わらなくて、発色が良い所が気に入って、あえてドライで使っている人もいるそうです。

●明るくてクリアな色

全体に、とても素直な色で、使いやすい色です。くすみのなキレイな色です。
水溶けがいいです。水で溶かすと、ドライの時よりも奥行きのある色になります。

ステッドラー・カラトアクェレル

●水で溶かした後はこれ。

ステッドラー・カラトアクェレル

仕上げに、上からドライで描き足し。
ドライでも発色がいいので、描き足しがいい感じにきまります。
芯は滑らかで、比較的やわらかいです。
あぁ、これ、結構気に入っちゃったかも…。

ステッドラー・カラトアクェレルの製品スペック

カラトアクェレル 水性色鉛筆
ステッドラー(ドイツ) (公式サイト
価格帯一本200円。
全60色
素直でクリアな色彩。
形状六角形
描き心地芯:??mm
柔らかく滑らかな描き心地
水溶け良。
その他店舗での取り扱いが多く手に入れやすい。
水溶性色鉛筆の中では、コストパフォーマンスは最強。

<その他の水彩色鉛筆比較一覧>

ファーバーカステル
アルブレヒトデューラー

詳しくは、各製品名のリンクページをご覧ください。

2件のピンバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。