カラーレス・ブレンダーを比較/色鉛筆

カラーレス・ブレンダーを比較/色鉛筆

カラーレス・ブレンダーを比較/色鉛筆,油性色鉛筆の混色やぼかしで使用する、カラーレス・ブレンダー。サンフォードカランダッシュダーウェントLYRAから販売されています。ブレンダーを販売している実店舗はあまり多くなく、置いてあっても1〜2種類。自分が使っているメーカーのものではないこともあるので、「メーカー違うけど、問題なくつかえるの?」と疑問に思ったりもしたので調べてみました。

ブレンダーペンシルは、2つ以上の色をブレンドして新しい色を作成できる、柔らかな無色の鉛筆です。同時に、色を物理的に混合して滑らかにするため、個々のストロークハードエッジが柔らかくなります。ダーウェントバーニッシャーは、顔料の層の上に使用すると、豊かな光沢のある仕上がりを提供する、硬い無色の鉛筆です。

ダーウェントのウェブサイトより

●ダーウェント

ダーウェントはブレンダーとバニッシャーを別々に販売しています。ブレンダーは混色のために使い、バニッシャーは仕上げのために使います。

  • ダーウェントブレンダーワックスベース のブレンダーです。ワックスベース ・オイルベース共に使えます。マットな仕上がりになります。塗りカスがとても多いですが、ラインナップ中では一番よく混じりました。
  • バニッシャー:色を混ぜずに、表面をコーティングして滑らかにするものです。これによってワックスブルーム を抑えることができます。混ぜないといっても、ちょっとは混じります。光沢なし。

●プリズマカラー :Prismacolorプレミア®鉛筆Blender

無色のワックスベースです。プリズマカラー とほぼ同じものが使われいるとか。ダーウェントと同様に、かさっとした感触で、とくにワックスベース の色鉛筆でよく混じります。マットな仕上げになります。塗りカスが出ます。このブリズマカラーのブレンダーが、いちばん流通していて、入手しやすいと思います。

●カランダッシュ:フルブレンダーブライト

ブレンド/バニッシュするために作成された無色のオイルワックスです。なめらかで柔らかく感じるので、紙を傷付けません。塗りカスも出ません。仕上がりに、艶が出ます。木軸がないので、広くブレンドすることもできます。布、木、陶器、石などにも使用できるそうです。カランダッシュ色鉛筆ワックスパステル、さらには鉛筆と一緒に使用でき、耐光性も向上するそうです。オイル&ワックスベースの媒体であるため、他のオイルベースまたはワックスベースの色鉛筆と一緒に使用することもできます。混色はカリスマやダーウェントの方がよく混じります。私は削ってペンシル状にしてつかっています。少し、滲んだ感じにブレンドされます。

Lyra :Rembrandt Splender Blender

オイルベースのブレンダーで、LyraのRembrandt オイルベースの色鉛筆 と一緒に使用するのに最適です。色数の多いセットはこれが入っていたと思います。ワックスベースの鉛筆よりもオイルベースの色鉛筆の方がいいみたい。やや光沢が出て、バニッシャーの役割もはたすとのこと。持っていないので、比較画像がありません。ごめんね。

カラーレス・ブレンダーを比較/色鉛筆,
鉛筆別適性を検証

オイルベース、ワックスベース によって、ブレンダーの適性があるのかを検証。

1、オイルベースの色鉛筆

ファーバーカステル・ポリクロモスとカランダッシュ・パブロで各ブレンダーを比較。
どちらの色鉛筆も、カランダッシュのフルブレンダーが発色良く美しい仕上がりになっている。プリズマカラー やダーウェントのブレンダーに比べると、色の混じり方が少ないが、目の粗い紙は、特にカランダッシュのブレンダーが醒めるほど鮮やかになるのでおすすめ。
しっかりと色を混ぜたいならば、プリズマカラー よりもダーウェントのブレンダーが良さそう。

2、ワックスベースの色鉛筆

カリスマカラーとダーウェント・カラーソフトで検証。

ワックスベースのブレンダー(プリズマとダーウェント)がよく色が混じっている。この二つは、ダーウェントの方が少し芯が柔らかいが、ほぼ同じような働きをしています。目の細かい紙では、カラーソフトは何もせずでも混色される色鉛筆なので、バニッシャーだけで十分だと思う。カランダッシュのブレンダーは、混色はバニッシャー 的な反応で、色が鮮やかに綺麗になっている。

カラーレス・ブレンダーを比較/色鉛筆,
まとめ

しっかりと色を混ぜたかったら、プリズマカラー かダーウェントのブレンダーを使用するのがよさそうです。この二つのブレンダーは、目が細かい紙を使うと塗りカスがでるので、ブラシなどで払いながら作業をします。ダーウェントの方が塗りカスは多いですが、なんとなーく混色が綺麗な気がします。

(左)プリズマカラー、(右)ダーウェント

鉛筆の相性は、カランダッシュ・フルブレンダーはオイルベースの色鉛筆の方がよく働いているような気がしますが、その差はあまりないように感じます。他のブレンダーも同様で、鉛筆による差はあまりないので、使っている色鉛筆メーカーと同じメーカーのブレンダーでなくても問題ありません。

ブレンダーもバニッシャーもワックスやオイルを上から重ねるので、何もしないよりは、紙の目がつぶれてその上に色が乗りにくくなりますが、特にバニッシャーは色鉛筆の層をコートするので、色鉛筆によっては(カラーソフトとか)色が乗りにくくなる感じがします。

ブレンダーを選ぶポイントとしては、バニッシャーの役割があるか?という点です。
バニッシャーは色を明るくして、表面をコートしてくれるので、すべての作業の最後に使うのがベストです。

作業中の混色は、プリズマかダーウェントのブレンダーを使い、仕上げはダーウェントのバニッシャーカランダッシュのフルブレンダーを使う。という風に使い分けるものなんだろうなと思います。

kazikaeru

View Comments

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.