色鉛筆レビューまとめ

色鉛筆レビューまとめ>INDEX

  1. 油性色えんぴつ <専門家用><ホビー用><子ども用
  2. 水性色えんぴつ <専門家用><ホビー用
  3. パステル色えんぴつ<専門家用>
  4. 廃盤になった色鉛筆
  5. 色鉛筆メーカーリンク
  6. 色鉛筆の比較

色鉛筆レビューまとめ

1、油性色えんぴつ

油性色鉛筆は水性色鉛筆に比べて、芯が軟らかく、なめらか。
全体的に発色が良く、鮮やかで、塗り重ねても色が濁りにくいため、キラキラとした色鉛筆らしい画面ができます。

<専門家用 油性色えんぴつ>

高品質な顔料を使用しており、耐光性・耐水性に優れている。
柔らかめの芯が多く、濃い色で広い面を塗ったりするのも楽。発色、混色、塗り重ねの強さにも優れていて、表現力も豊なのが特徴。

INDEXに戻る


<ホビー用 油性色えんぴつ>

色を楽しむことを目的にした色えんぴつ。使いやすさやとっつき安さのある製品が多い。価格もリーズナブルな物が多い。
中硬質の芯が多く、細かい作業ができるので、大人の塗り絵に使われることが多い。専門家用と比べると、発色や塗り重ねの強さにやや劣る。

INDEXに戻る


<子ども用 油性色えんぴつ>

子どもの年代によって、コンセプトの異なるジャンル。価格もリーズナブルな物から高級品まで幅が広い。全体に、折れにくい芯を採用している点が多い。
主に、学童用は「ハイパフォーマンスでローコスト」な物が多い。幼児用では、「握りやすさ、安全性」に配慮した製品が多い。

INDEXに戻る


2、水溶性色えんぴつ

水性色鉛筆は油性色鉛筆に比べて、カサっとした書き味があるのが特徴です。全体的にドライの時は発色がマイルドで、水で溶かして発色が広がる物が多いです。塗り重ねでは色が濁ってしまうので、混色の時は一色づつ水で溶かしながら重ねるか、カッターで芯を削って混ぜ合わせて着色する方が美しく仕上がります。繊細な作業が必要なので、使い方が案外難しいですが、色々な技法が使えます。

<専門家用 水溶性色えんぴつ>

高品質な顔料を使用しており、耐光性・耐水性に優れているのが特徴。
柔らかめの芯が多く、色つきがよい。水溶けも良く、水に溶かすと美しく発色する物が多い。表現力も豊なのが特徴。

INDEXに戻る

<ホビー用 水溶性色えんぴつ>

色を楽しむことを目的にした色えんぴつ。使いやすさやとっつき安さのある製品が多い。価格もリーズナブルな物が多い。
中硬質の芯が多く、細かい作業ができるので、大人の塗り絵に使われることが多い。専門家用と比べると、発色や塗り重ねの強さにやや劣る。

INDEXに戻る

This website uses cookies.