技法研究室

色鉛筆の使い方〜5つの基本〜

色鉛筆の使い方〜5つの基本〜
大人の塗り絵(コロリアージュ)などで役に立つ、油性色鉛筆の使い方の簡単なテクニックのまとめです。使い方の基本をおさえるだけでも、大人っぽい塗り方になり、ワンランク上の仕上がりになります。
とても簡単なので、ぜひ試してみてください。

色鉛筆の使い方〜5つの基本〜

1、ふちどりしない。

ついつい、フチどりしてから塗ってしまいがちですが…

ふちどりすると、エッジが効く&はみ出ないので、キレイに見えますが、ふちどりをしない方が、自然な仕上がりです。ついつい枠があると「はみでちゃいけない」と思ってしまうものですが、多少はみ出ても全然気になりませんし、どっちかというと多少はみ出た方が、仕上がりがカッコイイです。

実際に、自然界で考えても、物との境界ぴったりに色が切れることなんてないんです。例えば、私が赤い靴を履いていたら、私の靴の影も赤っぽくなりますし、青い靴を履いていたら、影も青っぽくなるんです。
また、雨上がりの日なんかを想像して見ると分かりやすいかもしれません。例えば赤い花の周りはぼんやり赤く見えたりしますよね?
そんな感じで、物の色は周りの色に影響を与えるものなので、少しはみ出して塗った方が実際の色の見え方に近いのです。

これを理解しておけば、例えばこれとコレは距離的に近接しているから同じ色を少し入れておこう。とか、逆に、絵的には隣同士に描いてあるけれど、実際の距離は離れているように表現したいから、色を少し離しておこう。とかそんなことを自然に考えられるようになると思います。

2、塗る方向を考える

立体感をどう出すか?それとも出さない?

いろんな方向に塗ったらダメ!とはよく言われますね。一番左側、小さい子供はこんな感じで塗っちゃっいます。
キレイに塗るには「一方向に塗る」と言われています。真ん中、綺麗ですね。平坦に均一に塗れますし、微妙な力の調整はこの塗り方がキレイにできます。
基本はこの塗り方で良いと思いますが、より立体感を出したい場合は、面を意識して塗ります。
写真の真ん中と右側を見ると違いが良くわかります。右側はわかりやすくするために、あえてハッチングの線を強く出しているのですが、丸が立体感が出て、球になっているように見えますよね?
コレは、鉛筆デッサンの基本的な表現でもあるのですが、こうして面の方向に向かって線を引くと、がぜん立体感が出てきてカッコよくなります。

線を引きながら、色を塗りながら、「この面はこっちが上、こっちが上」とか「ここに段がある、段がある」とか「奥にいけ、奥にいけ」とか。念じながら塗ると、不思議とそれっぽくなります。

最も、私自身は、一番左側の塗り方なんて大好きですから。やっちゃいけないことなんてないので、いろんな塗り方を使い分けられるのが「大人の塗り方」ってもんだよね。

3、鉛筆を立てたり、寝かせたり

鉛筆を寝かせたり、立たせたりすると雰囲気が変わります。

塗り方によって、見える雰囲気は違います。色鉛筆を寝かせて腹で塗ってみたり、とがった鉛筆の先で塗ってみたり。色々な塗り方を知り、ケースバイケースで使い分けると画面に質感が出てくると思います。写真の一番左は、尖らせた色鉛筆を使って、すこし鉛筆を寝かせた状態でぐるぐると円を描きながら塗っています。ふわっとやわらかい感じになります。
真ん中は、一方向に塗ったもの。均一でしっかりとした面が作れます。
右側は鉛筆を立てて塗ったもの。ハッチングがはっきりとしてきて、密度があるものの質感表現に良く合います。

4、ベースになる色を塗る

絵に統一感が欲しい時は、ベースカラーを塗ります。

左右の絵を見比べてみてください。
左側の方が色の奥行きがあって、良い雰囲気ですよね。
上から塗っている「茶色」の色は同じ色ですが、左側の絵は、下にベースになる色「黄色」を塗っています。
ベースに色を塗ることで、色に統一感が出ますし、混色された色が奥行きを与えてくれます。
黄色は光の色に感じやすいので、明るくあったかい画面を作るのにおすすめ。
スケッチの時なんかは、黄色と紺の色鉛筆を2本持っていると便利。

ユニカラーのように、重ね塗りが苦手なタイプの色鉛筆は、ベースカラーを明るい色にすると、その後に濃い色が乗らないため、薄ーーい画面になってしまいます。そうゆう色鉛筆は、濃い色から塗ることで、本来の濃さまで色が付きます。

色鉛筆の使い方〜5つの基本〜,5、色鉛筆の削り方

カッターで削ることで、無駄なく色鉛筆が使えます。

色鉛筆は、芯が太く、柔らかいので折れやすくなっています。
カッターで削ると無駄なく色鉛筆を使うことができますが、面倒な人は色鉛筆用の鉛筆削りを使いましょう。

鉛筆用よりも芯が短く削れるので、折れを防ぐことができます。鉛筆削りによって、削り口のサイズや出る芯の長さが違うので、自分の使っている色鉛筆と合うものをチョイスします。大抵の色鉛筆は、

私はLYRAの鉛筆削りを愛用しています。木の質感がかわいらしく、ちょうど良い芯の長さで削れるからです。でもちょっと切れ味が悪いです。世界堂の色鉛筆コーナーで「おすすめ」と書かれていた150円ぐらいのプラスチックの色鉛筆削りがすごく良かったです。三菱のポケットシャープナーです。国産の鉛筆削りは切れ味がとてもよいのでおすすめです。大抵の色鉛筆は使用できますが、太軸鉛筆やファーバーカステル・アルブレヒトデューラーは木軸が太くて入りません。

ステッドラーの削り口が二つある鉛筆削りは、切れ味が良くて、良いのですが、色鉛筆用の削り口(「graphite」と書かれていない方)が大きすぎて、削りながらズレたりして芯の先が折れちゃったりするので、細めの色鉛筆を削るには向いていません。三角タイプの色鉛筆にぴったりのサイズです。

クーピー用の鉛筆削りは、芯が出過ぎてしまうので、硬い芯の色鉛筆ではない人は、避けた方が良いかもしれません。

こちらの「鉛筆削り」のページに、おすすめの鉛筆削りをまとめていますので、参考に。

色鉛筆の使い方〜5つの基本〜,

kazikaeru

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.