LYRA・レンブラントポリカラー,製品レビュー

LYRA・レンブラントポリカラー,リラの高級色鉛筆のグレード。
木目のボディがオシャレです。
ファルビーが気に入ったので、試しにこっちも…と思って数本買ってみたものです。ケースカバーのデザインがちょいちょい変わっています。私は持っているのは洋梨のデザインのものと、その前の物です。中の色鉛筆には大きな変化はありません。昔のものよりも、若干、木軸と塗装の質が良くなった感じがします。

芯はやわらかくて、スルッとしていて書きやすいです。
少し彩度が低めの、落ち着いた感じの色味で優しい感じに描けます。
しっかり収まる感じで色がのっていく感じは、割と好き。
専門家用色鉛筆の中でも耐光性が高く、この価格帯の色鉛筆の中では最も良いです。

●細めの木軸

細めの軸は手の中におさまりやすく、コントロールしやすいので、細かい部分を塗るのに適しています。大人の塗り絵にもおすすめな手応えです。広い面を塗るのはちょっとめんどいですが、芯の太さは他の色鉛筆と同様の3.7mmと太めの芯です。シルバーにLYRAのロゴがエンボスでついたケースと、ナチュラルな木軸がとにかくオシャレなのでギフトにも◎です。

●落ち着いた色彩

落ち着いた色味というレビューをよく見かけます。ヨーロッパの色鉛筆は比較的落ち着いた色味が多いですが、レンブラントポリカラーも彩度はやや低めです。カランダッシュ・パブロに近いですが、もう少し、強くて華やかな色味です。好きな人はかなり好きな色合いだと思います。パッケージには「洋梨」の絵が描かれていますが、そうした自然物を描くのに向いている色相なのだと思います。公式サイトによれば、キャンソン・セ・ア・グラン(白くて硬めの、やや細めの紙)で描くと鮮やかに発色すると書かれています。けっこう強く、濃く、描きこんで、色を重ねて立体感を出していく描き方がオススメです。比較的紙質は問いませんが、ケント紙よりは少しだけざらつきのある紙(細目の水彩紙など)の方が、この色鉛筆のポテンシャルを発揮してくれます。

スプレンダー・ペンシルたるものがあるらしく、(たぶんブレンダーのようなもの)それを使うとリアリティのある画面が作れるとか。ちなみに私は、カリスマカラー、ダーウェント、カランダッシュのブレンダーを試してみましたが、カランダッシュ、ダーウェントとの相性がよかったです。
カラーチャートはこちら

●混色と重ね塗り

重ね塗りは、紙によってはとてもよく重ねられます。厚塗りもできます。あまり力を入れずに重ねるのがコツです。塗り重ねた時に、下の色が少しだけ混じる感じで混色されます。オイルベースの色鉛筆なので、比較的透明感のある色鉛筆です。明るい色を重ねてもあまり画面を明るくすることはできません。混色はキレイです。やや硬めの紙でガサっとしたテクスチャーのある紙を使用する方が、混色も発色も良いようです。

●やわらかく、滑らかな塗り心地

この色鉛筆で一番気に入っているところです。リラの子ども向けの色鉛筆「ファルビー」もそうですが、滑らかでありながら、程よい手応えのある塗り心地が気持ち良く、つい手に取りたくなってしまいます。柔らかい色鉛筆ですが、オイルベースなので、芯先はしっかりしています。尖らせた状態でかなり力を入れても崩れることなく答えてくれるので、精密画に向きます。カリスマカラーホルベインなどの柔らかめの色鉛筆との併用で、細部の描きこみに使用するのもオススメ。

●高い耐光性

全体的に耐光性はとても高く、耐光性の低い色は一色(L2000036 Deep Violet ディープバイオレット)のみです。星2つの色は、サターンレッド(Saturn Red L2000015), コバルトブルーライト(Cobalt Blue Light L2000044), ブラウンオーカー(Brown Ochre L2000082),の3色のみで、残りの色は星3つの最高値です。リラのレンブラントシリーズは、油性・水彩共に耐光性の信頼が高いですね。

LYRA・レンブラントポリカラー,製品スペック

レンブラント・ポリカラー油性色鉛筆
LYRA(ドイツ) (公式
マルマン(公式サイト
価格帯一本308円。
全78色
色は華やかでみずみずしい。
ぼかすことであらゆる種類の陰影、色み、そして抑えた色を再現 することができます。
紫外線を 永久に防止する顔料を含んでいます
形状円形、鉛筆の径:8mm
描き心地芯:3.7mmソフト
柔らく滑らか。
混色良。
透明感のある混色。下の色とやや混じる。スプレンダー(280円)別売。
その他色が定着しやすい粗い紙面とは抜群に相性が良いのです。
キャン ソンのセ・ア・グランが公式HPのオススメの紙です。
木軸は、イタ リアのPEFC森林認証プログラムが保証する最上級のシダー材

スプレンダー:リラのスプレンダー・ペンシルは絵を華やかにし、均一な色の背景を描く ためのものです。色が塗られた面に描くと光沢が出て明るくなり、均質化 した色がリアリズム効果を強調します。

http://www.e-maruman.co.jp/series/lyra/

この色鉛筆とよく購入検討される色鉛筆
カリスマカラーホルベインアーチストカラーペンシルカランダッシュ・パブロダーウェント・カラーソフトダーウェント・アーチストリラ・レンブラントポリカラーヴァンゴッホファーバーカステル・ポリクロモスプリズマカラー ・アートスティックス

kazikaeru

View Comments

Recent Posts

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポイント〜

鉛筆デッサン〜花を描く4つのポ…

7か月 ago

デザイナーやイラストレーター御用達の無料アプリ7選

デザイナーやイラストレーター御…

9か月 ago

色鉛筆で果物を描く

色鉛筆で果物を描く,実物のデッ…

9か月 ago

This website uses cookies.